このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

東京都環境確保条例に基づく指定作業場の申請・届出

更新日:2021年8月10日

指定作業場の設置・変更

指定作業場を設置・変更する場合は、工事着手30日前までに市長に届け出る必要があります。(条例第89条、90条)
(注記)環境確保条例の様式の改定により、届出者の押印は不要になりました。

  • 届出を行う場合は、事前に環境保全課までご相談ください。
  • 変更の際に建物等の除却を伴う場合は、土壌汚染状況調査が必要となる場合もあります。(条例第116条)
  • 設置される施設によっては特定施設の届出も必要になります。

提出書類

1)指定作業場設置(変更)申請書・別紙(Word版)(ワード:852KB) 
(注記)別紙については指定作業場の種類により、用紙・書き方が異なります。
2)案内図
3)配置図・・・隣接道路の状況・幅員、隣家との境界(塀の高さ・種類など)や敷地内での指定作業場の位置がわかるもの。
4)平面図・・・指定作業場内にある主な施設の位置がわかるもの。
5)立面図・・・窓やダクト・排気口の位置がわかるもの。
6)その他・・・設置機械の仕様書等の提出をお願いする場合があります。
(注記)正本、副本の2部ご提出ください。

氏名等の変更

氏名及び住所、指定作業場の名称及び所在地に変更があった場合、変更した日から30日以内に市長に届け出る必要があります。(条例第93条)

提出書類

指定作業場の廃止

指定作業場を廃止した場合、廃止した日から30日以内に市長に届け出る必要があります。(条例第93条)
土壌汚染状況調査が必要となる場合がありますので、事前にご相談ください。(条例第116条)

提出書類

指定作業場廃止届出書(Word版)(ワード:51KB)
(注記)正本、副本の2部ご提出ください。

  • 電子申請も可能です。

工場・指定作業場廃止届出書(電子申請サイト)

指定作業場の承継

指定作業場を譲り受け、又は借り受けた方は、30日以内に市長に届け出る必要があります。(第93条)

提出書類

1)指定作業場承継届出書(Word版)(ワード:51KB)
2)承継の事実を証明する書類
(注記)正本、副本の2部ご提出ください。

申請・届出の窓口

環境資源循環部 環境保全課(秋水園)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

環境資源循環部環境保全課
〒189-0001 東村山市秋津町4丁目17番地1
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2652・2653)  ファックス:042-391-5847
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
環境資源循環部環境保全課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る