このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の くらしの情報 の中の ごみ・リサイクル・環境 の中の 啓発活動・ごみ減量への取り組み の中の 完全消滅型生ごみ処理器「ミニ・キエーロ」実証実験 のページです。


本文ここから

完全消滅型生ごみ処理器「ミニ・キエーロ」実証実験

更新日:2019年2月1日

 東村山市内で収集される「燃やせるごみ」の約4割は生ごみです。市では環境負荷をできる限り少なくする「循環型社会」の実現を基本理念としていますが、その実現には生ごみの減量が不可欠です。
 新たな生ごみ減量手法を研究する一環として、平成31年2月より、完全消滅型生ごみ処理器「ミニ・キエーロ」の実証実験を秋水園で実施しています。

全体写真

ミニ・キエーロ

ミニ・キエーロとは

「ミニ・キエーロ」は土の力を利用して、生ごみを完全に分解するものです。堆肥を利用しない家庭でも導入できる生ごみ処理器として、全国的に注目されています。
「ミニ・キエーロ」には以下の特徴や注意点があるといわれています。

(注記)「キエーロ」は葉山町在住の松本信夫氏が商標登録されています。

特徴

  • 黒土が完全に生ごみを分解し続けるため、通常の堆肥化容器と比べて維持費や手間がかからない。(堆肥として使う必要がない。)
  • スペースをとらないため、ベランダでも設置できる。
  • 虫や臭いが気にならない。
  • 食用の廃油、汁物、腐ったもの、カビが生えたものでも投入が可能。

注意点

  • 冬場は分解に時間がかかる。
  • 骨や貝殻、種などは分解されない。

イベント展示

以下のイベントにて実物の展示・作成方法の紹介を行います。ぜひお越し下さい。

美住リサイクルショップ「フリーマーケット」

日時:平成31年3月3日(日曜) 午前10時から午後1時
場所:美住リサイクルショップ

実験のようす

随時更新予定。

このページに関するお問い合わせ

資源循環部ごみ減量推進課
〒189-0001 東村山市秋津町4丁目17番地1
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2622~2624)  ファックス:042-391-5847
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
資源循環部ごみ減量推進課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る