このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の くらしの情報 の中の 各種生活相談 の中の 消費生活相談 の中の 消費生活センターからのお知らせ のページです。


本文ここから

消費生活センターからのお知らせ

更新日:2019年11月14日

法務省の名称等を不正に使用した架空請求に注意しましょう

「少額消費料金未納に関する起訴最終告知のお知らせ」、「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」などと題し、「裁判取り下げの相談に乗る」等と書かれたはがきが送付されているとの情報が多数寄せられており、実際に多額の金銭的被害も発生しております。 差出人は 「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」、「法務省管轄支局 民事訴訟管理センター」、「法務省管轄支局 民間訴訟告知管理センター」、「法務省管轄支局 国民起訴お客様管理センター」などと記載されていますが、これらの団体と法務省とは一切関係がありません。
 このようなハガキが届いても、決して相手に連絡せず、ハガキに書かれている電話番号等には「絶対に連絡しない」ようにし、「相手にしない」ことが大切です。
 不安を感じたり、対処に困ったりした場合には、消費生活センターにご相談ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 法務省ホームページ 

“ニセ”消費生活センターを案内する新手の架空請求の手口にご注意!

 「利用料金が未納である」というメッセージがSMSで届き、記載された電話番号に電話をしたところ、ニセの消費生活センターを案内され、「お金を支払うように」とウソの助言をされるという新手の架空請求の手口に関する相談が、国民生活センターに寄せられています。ご注意を!

相談事例


 「利用料金の支払いがない。お客様センターに相談するように」というメッセージがSMSで届いた。
記載された番号に電話をかけると、大手信販会社Aを名乗り、
「有料コンテンツの未納料金があり、債権回収の委託を受けた。30万円を支払うように」と言われた。

心当たりはなかったので「国民生活センターに相談する」と伝えたところ、
「その窓口は、今の時間は相談を受け付けていない」と言われ、
居住地の自治体の消費生活センターだという電話番号を案内された。

電話をかけて経緯を説明すると、「その請求は確かにAからのものなので、
支払う必要がある」と言われ、指示されたとおりにプリペイド型電子マネーで30万円を支払ってしまった。

その後、Aを名乗る業者から再度電話があり、
「さらに2つの有料コンテンツの未納が見つかった。総額50万円を支払うように」と言われ、怪しいと気付いた。
案内された番号は、自治体の消費生活センターの番号ではなく、ウソの番号だった。

消費者へのアドバイス

  • 消費生活センター等への相談は、局番なしの「188(いやや!)」に電話しましょう!

  「188」は、最寄りの消費生活センター等をご案内する全国共通の3桁の電話番号です。

  • 不審なSMSやメール、ハガキが届いても絶対に連絡してはいけません!

  • 不明な点は東村山市消費生活センター 電話042-395-8383へ

受付時間:平日月曜から金曜 午前9時から正午、午後1時から4時

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 国民生活センター ホームページ

【コラム】東村山市消費生活センター

錠剤やカプセル状の健康食品は医薬品とは異なります

さまざまな健康食品が販売されており、錠剤やカプセルなどの形状から医薬品を連想させるものもあります。
しかし、健康食品はあくまでも食品の一種です。医薬品的な病気を治す効果を期待して利用しないようにしましょう。

 また、特定の成分が濃縮されているものが多く、通常の食事で摂取するよりも過剰な量の成分を摂取する可能性があります。
場合によっては健康被害につながるおそれがあるので注意が必要です。

健康の保持・増進には、運動、休養、食生活のバランスが重要であり、
そのうえで健全な食生活を補助的するのが健康食品だと考えましょう。

健康食品を利用する際のポイント

  • 宣伝文句だけでなく、パッケージの表示をしっかり確認し、自分に合ったものを選びましょう。
  • 治療を受けている人は薬との飲み合わせなど、利用前に医師や薬剤師に相談しましょう。
  • 複数の製品を同時に利用するときは、思わぬ健康被害を受けることがあるので注意が必要しましょう。
  • 摂取量や期間、医薬品の服用状況などの利用状況について記録しておきましょう。
  • 体調不良を感じたらすぐに利用をやめて医療機関を受診しましょう。

健康食品の安全性・有効性情報
 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所(国立健康・栄養研究所)のホームページには健康食品に用いられる素材の安全性や有効性の情報が掲載されていますので、ご確認ください。

マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得にご注意ください!

マイナンバーの通知や利用、個人番号カードの交付などの手続きで、市の職員などが、口座番号や個人の年金・保険の情報等を聞いたり、お金やキャッシュカードを要求したりすることは一切ありません。
ATMの操作をお願いすることも一切ありません。
こうした内容の電話やメール、訪問等には応じないでください。

少しでも不安を感じたら警察や消費生活センターにご連絡を!

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 消費者庁ホームページ

医療費などの還付金詐欺に注意!

自宅に市の福祉事務所を名乗って電話があり、「医療費を還付する案内のはがきを送っているが、届いていないか」と言われた。「届いていない」と答えると、「こちらで受け付けている。近くのコンビニに行って、ATMの前から指定の電話番号へ連絡するように」と指示された。電話をし、言われるがままに操作したが、明細を見ると100万円振り込んだことになっていた。

海外事業者とのインターネット通販におけるトラブルにご注意ください

誰もが気軽にインターネット通販を利用でき、海外事業者との間でトラブルになるケースも少なくありません。トラブルに遭わないよう、インターネット通販を利用する際には、あらかじめ公表したチェックポイントを確認して利用しましょう。
詳しくは下記のPDFファイルをご覧ください。


購入や使用をする際には、自分一人で判断せず、ご家族などに相談をしてからにしましょう。
もし、トラブルとなってしまい、知っている人には相談しづらいという方は、消費生活センターにご相談ください。

掲載した「見守り情報」や「子どもサポート情報」の他にも様々な情報をみることができます。

独立行政法人 国民生活センターは国民生活の安定及び向上に寄与するため、国民生活に関する情報の提供や調査研究を行うとともに、重要消費者紛争について法による解決のための手続を行う機関です。
最新の消費に関わる情報が掲載されています。ぜひご活用ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 独立行政法人 国民生活センター

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

市民部市民相談・交流課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2552~2559)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
市民部市民相談・交流課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る