このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の くらしの情報 の中の 住まいとまち・ライフライン の中の 道路・交通・河川・橋梁(横断歩道橋) の中の 交通安全 の中の 『スケアード・ストレイト方式』を用いた自転車安全教室を開催いたしました のページです。


本文ここから

『スケアード・ストレイト方式』を用いた自転車安全教室を開催いたしました

更新日:2021年4月16日

 市では、自転車の交通事故が多い中、安全利用の意識啓発を目的に、自転車のルール違反等が起因して発生する交通事故をスタントマンが再現する「スケアード・ストレイト方式」を用いた自転車安全教室を開催しています。交通事故を再現することで、自転車のルール違反がいかに危険であるかを視覚的に理解できるとともに、命の大切さを考える内容となっています。

令和2年度『スケアード・ストレイト方式』を用いた自転車安全教室結果報告

 令和2元年度は、東村山市立「第六」中学校を会場として「スケアード・ストレイト方式」を用いた自転車安全教室を開催いたしました。

例年は学校からの案内や市報、各中学校の学区域内に対する自治会回覧等で広報し、地域住民のかたに参加していただいていましたが、今年は、新型コロナ対策のため、保護者・近隣の方の参加は中止とさせていただきました。

・6月に開催予定でした東村山市立「第七」中学校は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、中止となりました。

令和2年度実施概要

令和2年度

場所

開催日時

参加人数

東村山市立東村山第六中学校(校庭)

11月7日(土曜) 午前10時00分から(概ね90分程度) 約380名
東村山市立東村山第七中学校(校庭)

6月13日(土曜) 

中止の為
DVD視聴

参加された生徒さんに、アンケートのご協力いただきました。

生徒アンケート結果【第六中学校】
自転車のルールを知っていた方 約92パーセント

必ずルールを守っていた方

約29パーセント

今回の教室で自転車ルールを理解できた方 約100パーセント
今後、自分の自転車の乗り方を見直す方 約96パーセント
生徒アンケート結果【第七中学校】
実際に事故再現を見た方がDVD視聴より効果的だと思う方 約81パーセント
自転車事故で時に莫大な損害賠償を請求されることを知っていた方 約79パーセント
今後交通安全教室に参加したい 約77パーセント

参加者の主な意見

◆ 生徒アンケート抜粋 ◆

【第六中学校】

  • 今までの交通安全教室は警察の方からお話を聞いて動画をみるということがほとんどでしたが、今回の交通安全教室は実際の交通現場をすぐ近くで見て驚いて声が出なかった。動画だけでは他人事という気持ちが大きかったけれど、実際見たらやっぱり恐怖だと思いました。
  • 普段ながらスマホをしていたり、常に片耳イヤホンをしていることがあったけど、目の前で見ると口で注意されるよりも分かりやすく、ちゃんと気を付けようと思いました。
  • 事故にあうこともそうだけど、自分が事故を起こした際の損害賠償で周りの人や家族に迷惑をかけることが恐ろしかったです。勉強になりました。
  • 今回の交通安全教室を通して改めて交通ルールを見直すことができました。しかも交通事故の恐ろしさもスタントマンの方々が見せてくださったので、とてもよくわかりました。またヘルメットは頭を守る大切なものだと再認識することができました。
  • スタントマンの方々のおかげでヘルメットの大切さがよくわかりました。ありがとうございました。
  • 私は実際ヒヤッとした体験はないけれど、これからも起こらないようにするために、日頃から交通ルールを守っていきたいです。塾に通っていて夜遅くに自転車で帰ることがあるので、その時は特に注意していきたいと思います。
  • 自転車は日常的に使うものなので、安全面ではあまり気にしたことがなかったので、これからは気を付けたいです。自動車との事故は人がすごく飛ばされていて、実際に事故にあったら相当な事になると思うと怖かったです。スタントマンさんが私達のために体を張ってくれてとても分かりやすかったです。

【第七中学校】

  • 事故を起こした場合の損害賠償が1億円もあったことに驚きました。私もそんなことにならないように、自転車を使用する際にはしっかり気を付けたいと思いました。
  • 事故をして怪我をするのが6割頭なのがわかりヘルメットの重要性を知りました。
  • ヘルメットの装着を義務化し、自転車を買った際に都道府県や国からヘルメットを支給する方法があったらいいなと考えました。
  • このDVDを通して沢山の命が助かればいいなと素直に思いました。今後気を付けていきます。
  • 車の死角になる場所や内輪差について知れてよかった。日頃やっていることが違反だったりしたので気を付けたいです。
  • 時速40キロメートルであれだけのスピードだと思っていなかったので実際とても激しいと思いました。

    アンケート結果からも分かりますように、本物を目の前で見て、感じて、考えることで、改めて気づき・学習できた貴重な体験になったのではないかと思います。

    このページに関するお問い合わせ

    東村山警察署 交通総務係
    電話:042-393-0110

    スケアードストレイト方式による自転車安全教室については、市役所へお問い合わせください。

    このページに関するお問い合わせ

    まちづくり部交通課
    〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 本庁舎4階
    電話:042-393-5111(内線:2732~2734)  ファックス:042-393-6846
    この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
    まちづくり部交通課のページへ

    本文ここまで


    以下フッターです。
    東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

    市役所への交通アクセス 窓口開設時間

    Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
    フッターここまでこのページのトップに戻る