このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の くらしの情報 の中の 住まいとまち・ライフライン の中の 害獣など の中の アライグマ・ハクビシンでお困りの方へ のページです。


本文ここから

アライグマ・ハクビシンでお困りの方へ

更新日:2021年4月1日

鳥獣保護管理法で鳥獣の捕獲等は原則禁止されています。被害が発生しているからといって、野生鳥獣を許可なく捕獲すること(捕獲器の設置含む)はできません。
アライグマ・ハクビシンについては、以下のとおり駆除事業を実施しています。
(注記)タヌキは駆除の対象となりません。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 野生鳥獣の捕獲について(東京都環境局)

アライグマ・ハクビシンの駆除事業について

市では生態系の保全及び生活環境への被害の防止を図るため、アライグマ・ハクビシンの駆除事業を実施しています。アライグマ・ハクビシンを見かけたかたや被害にお困りのかたは、環境保全課へご相談ください。

市が実施すること

捕獲器の設置及び対象動物(アライグマ・ハクビシンのみ)の処分

費用負担

なし

(注記)エサ代や侵入口の修繕、消毒等は自己負担となります。

注意事項

  • 設置までの流れは下記に記載しています。
  • 捕獲器の設置には一定の条件があります。必ず『捕獲器を設置できる条件』をご確認ください。

アライグマ・ハクビシンの特徴

アライグマ


出典:東京都環境局

<特徴>
生態
  • 主に夜行性(昼間活動することもある)
  • 木登りが上手く、手先が器用
  • 穴を掘ることはない

食べ物
(雑食性)

  • 果物(ブドウやキウイ等)
  • 野菜(トウモロコシやスイカ等)
  • ペットフード
  • 小動物(カエル等)

ハクビシン


出典:東京都環境局

<特徴>
生態
  • 夜行性
  • 手先が器用
  • 雨どいや柱などを登り、電線も渡る
  • 頭が入れば狭い隙間を通り抜けることができる

食べ物
(雑食性)

  • 果物(リンゴやバナナ等)
  • 野菜(トウモロコシやスイカ等)
  • ペットフード
  • 鳥類

捕獲器を設置できる条件

捕獲依頼にあたっては、以下1から8の事項に同意する必要があります。

  1. 東村山市内の敷地所有者からの依頼であり、捕獲器の設置は家屋外の平地のみであること。 
  2. 捕獲器の管理(毎日の見回りや自己負担によるエサの設置・付替えなど)ができること。
  3. アライグマ・ハクビシン以外の動物(タヌキや猫など)が捕獲器にかかった場合、その場で逃すこと。ただし、毒を有する生物や獰猛な生物などの場合は市もしくは市が委託する事業者に連絡すること。
  4. 委託事業者に氏名、住所、電話番号、設置依頼場所住所を提供すること。
  5. 捕獲器の設置時及び回収時に委託事業者が捕獲器を撮影すること。
  6. 捕獲に関係するケガや事故の責任は市で負うことができないこと。
  7. 捕獲器の亡失・破損が明らかに依頼者の責任と認められる場合、東村山市は依頼者に同等物品を請求することができること。
  8. 市から捕獲器の返却依頼があった場合は、速やかに返却すること。

捕獲器設置までの流れ

  1. 電話または窓口での相談
  2. 「アライグマ・ハクビシン等捕獲依頼書」の提出
  3. 現場確認の日程調整(委託事業者と依頼者にて決定する)
  4. 委託事業者による捕獲器の設置(原則2週間)及び使用方法の説明

注意事項

  • 現場確認の結果対象動物の痕跡がないと判断された場合は、捕獲器を設置しないことがあります。
  • 捕獲の有無にかかわらず、2週間経過後は捕獲器を回収します。

アライグマ・ハクビシン等捕獲依頼書

アライグマ・ハクビシンで困らないためには

アライグマ・ハクビシンの生態を知り、生息しやすい環境をつくらないことが大切です。

エサになるものを与えない

  1. 絶対に餌付けしない。(人に慣れて、住みついてしまう可能性がある)
  2. 庭木等に実(特に甘い果実)がなっている場合には、早めに収穫を行うか、廃棄する。
  3. 庭でペットにエサを与える場合は時間を決め、置きエサはやめる。
  4. 生ゴミを庭に放置したり、埋めたりしない。

住居を与えない

  1. 家の周囲や古い建築物(空き家・物置・倉庫等)に侵入されそうな穴や隙間がないか点検し、侵入の可能性がある隙間はすべて塞ぐ。築年数十年以上の家屋は要注意。
  2. 庭木の伸びた枝木は早目に剪定する。庭木の枝が伸びていると、それを伝って屋根からハクビシンが屋内に入ることがある。
  3. 普段使っていない物置や倉庫は定期的に点検する。

個人で駆除を行う場合

市が設置する捕獲器の設置場所は、家屋外の平地のみです。以下のような相談は、専門業者にご相談ください。

  • 屋根裏や床下への設置の希望
  • 住み着いた動物の追い出し
  • 侵入口の穴ふさぎ等の対策 

(注記)駆除等の対策にかかる費用は自己負担となります。

駆除業者の紹介や相談については、公益社団法人東京都ペストコントロール協会が無料で行っています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 公益社団法人東京都ペストコントロール協会

事業実績

市では、平成30年9月からアライグマ・ハクビシンの駆除事業を実施しています。

アライグマ・ハクビシン出現個所図


令和2年度出現個所図

<アライグマ・ハクビシン 相談件数・捕獲数(平成30年度~令和2年度)>
  本町 久米川町 秋津町 青葉町 恩多町 萩山町 栄町 富士見町 美住町 廻田町 多摩湖町 諏訪町 野口町

その他
(不明)

 相談件数

4 14 19 14 18 12 10 18 6 7 12 8 6 2
アライグマ捕獲 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0

0

0 0
ハクビシン捕獲 0 1 1 0 1 0 1 2 1 1 3 0 1 0

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

環境資源循環部環境保全課
〒189-0001 東村山市秋津町4丁目17番地1
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2652・2653)  ファックス:042-391-5847
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
環境資源循環部環境保全課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る