このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

後期高齢者医療制度への移行に伴う国保税の軽減について

更新日:2020年4月1日

【申請:不要】 75歳以上のかたが国保世帯から後期高齢者医療制度に加入し、75歳未満のかたが引き続き国保に加入する場合

1.所得の低いかたに対する軽減
  国保税の軽減を受けている世帯は、世帯構成や収入が変わらなければ、今までと同じ軽減を受けることができます。

2.平等割で賦課される国保税の軽減(平成29年度相当分まで)
  国保の加入者が1人となる世帯については、最初の5年間(特定世帯)は世帯ごとに賦課される平等割額が半額となり、その後3年間(特定継続世帯)は4分の1軽減となります。

(注記)平成30年度以降、平等割は廃止となります。

【申請:必要】 75歳以上のかたが被用者保険(注記1)から後期高齢者医療制度に加入し、その被扶養者(65歳から74歳)のかたが国保に加入する場合

被用者保険の被扶養者から新たに国保の加入者となったかたは、申請により、以下のとおり国保税が軽減されます。

  • 所得に応じて賦課される所得割額が免除されます。
  • 加入者1人あたりの人数で賦課される均等割額が、資格取得の属する月以後2年を経過する月までの間、最大半額になります(注記2)。                                          7割軽減、5割軽減の対象世帯のかたで、すでに半額もしくは半額以下の場合は適用されません。
  • 同一世帯内に国保の加入者が1人となる場合には、世帯ごとに賦課される平等割額が半額になります(平成29年度相当分まで)(注記3)。

(注記1)被用者保険:組合管掌の健康保険、共済組合等
(注記2)平成30年4月30日以前に国民健康保険の加入者となったかたについては、令和2年4月1日時点で資格取得の属する月以後2年が経過しているため、均等割額が減額されません。
(注記3)平成30年度以降、平等割は廃止となります。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部保険年金課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2533~2538、2543~2545、2546~2547)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
健康福祉部保険年金課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る