このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の くらしの情報 の中の 税金・国民健康保険・国民年金 の中の 国民健康保険 の中の 国民健康保険の給付 の中の 東日本大震災で被災された国保加入者の医療機関での窓口負担免除について のページです。


本文ここから

東日本大震災で被災された国保加入者の医療機関での窓口負担免除について

更新日:2021年3月1日

東日本大震災で被災された方のうち、東京電力福島原発事故による警戒区域のすべての住民の方(震災発生後、東村山市に転入した方を含みます。)に、医療機関窓口で支払う一部負担金を全額免除いたします。
(注記)東日本大震災での免除対象者は平成24年10月1日から、東京電力福島原発事故による警戒区域のすべての住民の方(震災発生後、東村山市に転入した方を含みます。)のみとなりました。
 
 東村山市国民健康保険以外の方は、ご加入の医療保険の保険者(被保険者証の発行者)にお問い合わせください。

一部負担金等の免除対象者とは

災害救助法の適用地域(東京都を除く)や被災者生活再建支援法の適用地域の住民(地震の発生以後、他市町村へ転出した方を含む)であり、以下に該当する方   

  • 原発の事故に伴い、警戒区域、計画的避難区域及び旧緊急時避難準備区域に関する指示の対象となっている方

 

免除期間

原発事故にともなう避難指示があった日から令和4年2月28日まで

(入院時食費・居住費、被保険者証を医療機関等の窓口に提示ができなかった場合の、柔道整復、あんま・はり・きゅう等の施術による療養費の自己負担免除は、平成24年2月29日までで終了しています。)

東村山市国民健康保険に加入している方の一部負担金等免除申請について

必要書類

  • 原子力災害対策特別措置法(平成11年法律第156号)第15条第3項の規定による、避難のための立退き若しくは屋内への退避に係る内閣総理大臣の指示  の対象地域であるため避難若しくは退避を行っている場合又は同法第20条第3項の規定による計画的避難区域若しくは緊急時避難準備区域の設定に係る原子力災害対策本部長の指示の対象となっている場合 

 「避難指示等の対象地域に住所を有していたことが確認できるもの」と、国民健康保険被保険者証、印鑑をご持参の上、ご申請ください。

申請場所

保険年金課 国保給付係  (市役所本庁舎 1階 8番窓口)
受付時間 午前8時30分から午後5時

一部負担金等還付申請について

免除の対象であるにもかかわらず、この制度をご存知でなかったなどのため、医療機関に一部負担金を支払った場合、一部負担金の還付を受けることができます。

  • 国民健康保険被保険者証
  • 印鑑
  • 医療機関の診療でかかった領収書
  • 診療報酬明細書(入手できない場合は、あらかじめお問い合わせください。)

を お持ちのうえ、保険年金課窓口でご申請ください。

お問い合わせ先

健康福祉部 保険年金課  国保給付係

市役所本庁舎 1階 8番窓口
受付時間 午前8時30分から午後5時
土曜、日曜、祝日、年末年始、12月29日から1月3日はお休みです

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部保険年金課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2533~2538、2543~2545、2546~2547)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
健康福祉部保険年金課のページへ

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る