このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

市長の活動日誌(平成24年9月)

更新日:2016年4月1日

9月の活動の一部をご紹介します

平成24年9月30日(日曜)

平成24年度東村山市総合震災訓練

1,000名を超える大勢の方々に参加いただきました
1,000名を超える大勢の方々に参加いただきました

本日、市立化成小学校にて、総合震災訓練が開催されました。
各防災関係機関の他、諏訪町及び野口町住民を中心とした多くの方々にご参加いただき、訓練参加者数が総勢1,000名を超える大盛況にて終えることができました。
災害発生時、特に重要なことは近所・自治会間における共助の助け合いであります。
今回まちなか訓練をはじめ、様々な訓練を行いました。そこで地域の方々が、自助・共助・公助の要素を含む災害対応方法を体験していただきました。
今後とも災害対策においてご協力よろしくお願いいたします。
ご尽力いただいた消防署、消防団、警察署など関係機関の皆様に感謝いたします。

市民による消火訓練
市民による消火訓練

はしご車訓練
はしご車訓練

一斉放水訓練
一斉放水訓練

各種避難所展示コーナー
各種避難所展示コーナー

平成24年9月28日(金曜)

自衛消防訓練

本日、いきいきプラザ2階より出火を想定し消防訓練を実施しいたしました。また、東村山消防署が主催しております、自衛消防訓練効果確認に参加し、消防署に活動を審査いただき講評をいただきました。

安全確認の報告
安全確認の報告

昨年3月11日に実際に大きな地震に見舞われ、本庁舎においても庁内にいた職員及び市民が全員庁外へ非難する事態が発生しましたが、幸い大きな被害はありませんでした。しかし、今後30年間で震度6弱の地震がおきる確率が60%とも70%とも言われており何時そのような災害に見舞われ被害を受けるかわかりません。その時のために職員各々が災害よる火災時の消火、誘導、避難、救助、救護に対する適格な行動が行えるよう、毎年訓練をおこなっているものです。

今回演習にご協力いただきました、消防署の方々、参加された市民の皆様、議員の皆さん、職員の皆さん、誠にありがとうございました。

平成24年9月26日(水曜)

公用バイク購入

災害時に備え、バイクを購入致しました
災害時に備え、バイクを購入致しました

公用バイクを購入いたしました。このバイクの購入は、平成24年6月2日に開催いたしました管理職の参集訓練において管理職の発案から実現にいたったものです。災害時において、幹線道路は交通規制されることから車での移動は困難となってしまいます。この様な状況の中で市内の路地を抜け、迅速に情報の確認や適切な伝達ができる道具としてバイクを購入したら良いのではとあったものです。
ただし、バイクは、手軽ではありますが、事故が多いことも実態です。職員には、利用の際は、交通安全やマナーを守ることは勿論のこと運転には、十分気をつけてり利用するようお願いするところであります。

平成24年9月22日(土曜)

第2回むらコン

むらコンは、出会いや地域の活性化を目的に、一定のエリアの複数の飲食店などを会場に開催される「合コン」=「街コン」の東村山版として今年2月に久米川駅周辺で第1回が行われました。今回、「地域活性化」「グルメ」「出会い」をテーマに第2回の「むらコン」が東村山を盛り上げよう!という趣旨の基、開催されました。

吉本芸人『キャベツ確認中』と大勢の若者で賑わう会場
吉本芸人『キャベツ確認中』と大勢の若者で賑わう会場

第2回目を迎えた「むらコン」では吉本芸人『キャベツ確認中』がむらコン盛上げ隊として登場し、会場は大いに盛り上がりました。また、お店からお店へ移動する間に商店会回遊イベントも行われ、久米川駅南口周辺は大勢の男女が行きかい、賑わっておりました。
今回参加いただいた方々が再び、お店を訪れてくれることを期待したいと思います。当日の様子は、東村山市ホームページ東村山NOWをご覧下さい。

平成24年9月22日(土曜)

歌声喫茶in東村山

このイベントは、団塊世代の交流会やサポート事業等を企画している市民ボランティアグループ「東村山懇団塊」主催で、東村山市も後援している事業です。今年3月に第1回を開催し、このたび第2回が開催されたものです。

サンパルネ喫茶「イルソーレ」にて
サンパルネ喫茶「イルソーレ」にて

本日、サンパルネで開催されていた「歌声喫茶in東村山」に伺いました。
本日参加者された団塊世代の方々は、アコーディオン演奏にのり楽しく歌声を披露しておりました。歌声喫茶が流行したのは私が子どもの頃のため、実際に行ったことはありませんが、参加されている皆さんの笑顔を拝見し、歌声を聞いておりますと、当時はきっと楽しい時間を過ごされたのだろうと思いました。昭和回顧というわけではありませんが、団塊世代やこれから定年を迎える方々が昭和時代の懐かしい歌を歌い、同じ時代を生きたものとして共感を大切にしながら交流を図るひとときは、参加された方々の心身を活性化してくれることでしょう。
当市の第4次総合計画において目指すまちの姿「人と人 人とみどりが響きあい 笑顔あふれる東村山」の実現のため、協働による地域コミュニティの醸成を施策として位置付けております。この計画に基づき自治会・NPO・市民活動団体などが相互に交流できる場や機会を充実させ、コミュニティ組織間のネットワークを強化してまいります。
団塊世代の方々が地域で元気に活躍して下さることは、東村山市にとっても財産になります。こういった機会を作って下さっている東村山懇団塊の皆様に感謝申し上げるとともに、今後も応援して参りたいと思います。

平成24年9月21日(金曜)

秋の全国交通安全運動出動式

スローガンは「やさしさが 走るこの街 この道路」です。
スローガンは「やさしさが 走るこの街 この道路」です。

本日より9月30日(日曜)まで行われます秋の交通安全運動の出動式が市役所北庁舎駐車場にて行われました。交通安全協会、警察、市とともに交通安全を呼びかけてまいります。
今回のメーンスローガンは「やさしさが 走るこの街 この道路」です。今年の市内の事故件数は、8月31日現在336件の人身事故が発生しており、その内の123件が自転車の関係する事故となっております。交通事故は被害者、そして加害者にも大きな傷を残します。日頃からルールやマナーを守り、事故に遭わない・起こさないように心がけてまいりましょう。

平成24年9月19日(水曜)

JICAボランティア,東村山代表が表敬訪問

本日、平成24年度JICAボランティア第2次隊として東南アジアのラオスにコンピュータ技術指導者として派遣される恩多町在住の杉山智倫(とものり)様とアフリカのエジプトにPCインストラクターの指導者として派遣される久米川町在住の野口真理様が表敬訪問に来庁されました。

JICAボランティア東村山代表が表敬訪問
JICAボランティア東村山代表が表敬訪問

杉山さんは、大学院を出て15年間民間企業でITエンジニアリングとして活躍されていたとのこと。日本で培った技術を現地の発展に少しでも役立てればと子どもの頃からの夢であった青年海外協力隊に応募されたとのことでした。
野口さんは、高校生の頃から国際協力に興味があり、大学時代に国際NGOやフィリピンの子どもを支援するNGOの活動を行ってきたとのこと。社会人を経験し学生とは違った形で現地の方々に役立てればと応募されたとのことです。
お二人のIT技術の支援が現地のIT技術の向上と利用者のITリテラシー(ITの利用と情報活用能力)の向上になることでしょう。環境が異なりますので、お体には十分気をつけて頑張ってきてください。教育長とともに今後のご活躍を期待いたします。

平成24年9月16日(日曜)

熊野公園水鉄砲合戦

童心にかえる私
童心にかえる私

本日は、熊野公園ボランティアの会主催の『熊野公園水鉄砲合戦』に伺いました。
170名以上の子どもが参加しました。赤組と白組に別れ水鉄砲で、ゲーム参加者は、お互いに相手の首から下げたポイ(金魚すくい用の紙あみ)を破き、残った者が東屋をお城に見立てたお城の大きいポイを破くゲームが繰り広げられました。

勝負のさなか、謎の忍者(大人)が乱入。敵味方関係なく水鉄砲を乱射。子ども逹が応戦。忍者全身びしょびしょ。子ども逹は大いに盛り上がっていました。このゲームは大人もやれば必ず盛り上がると思います。熊野公園再生プロジェクトのボランティアの皆さん、保護者の皆さん、職員の皆さん、お疲れ様です。

熊野公園では、昨年から、熊野公園再生プロジェクトとして、熊野公園ボランティアの会を始め、保護者の皆さん、職員の皆さんと共に遊びや、作業を通して公園のあり方について考えてまいりました。今後も皆さんと共にこの熊野公園が、「人と人 人とみどりが響きあい 笑顔あふれる東村山」憩いの場となるよう努力してまいりますので、ご理解とご協力宜しくお願いいたします。

大勢の子どもたちで賑わう熊野公園
大勢の子どもたちで賑わう熊野公園

集中攻撃を受ける謎の忍者
集中攻撃を受ける謎の忍者

平成24年9月13日(木曜)

固定資産評価審査委員会委員辞令交付

佐藤勉氏に固定資産評価審査委員会委員の辞令を交付
佐藤勉氏に固定資産評価審査委員会委員の辞令を交付

本日、佐藤勉氏に市の固定資産評価審査委員会委員の辞令を交付させて頂きました。佐藤委員は、宅地建物取引業協会の役員をされるなど、不動産部門で専門的な幅広い知識があり、職務を的確に遂行していただけるものと考え、今回で3期目の再任をお願いいたしたところであります。9月議会にて選任同意をいただき、本日辞令を交付させていただきました。今後とも宜しくお願いいたします。

平成24年9月8日(土曜)、9日(日曜)

全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)東京都予選決勝リーグ&中学生親善試合

平成24年9月8日(土曜)、9日(日曜)にスポーツセンターで全国高校女子バスケットボール選抜大会(ウインターカップ)の東京都予選・決勝リーグが開催されました。八雲学園高校、東京成徳大学高校、明星学園高校、文化学園大学杉並高校で熱戦が繰り広げられました。また、高校生の大会に先だち、中学生(東村山市選抜、武蔵村山市選抜、東大和市選抜)による親善試合。合わせて駐車場で国体グッズの販売を行いました。

大勢の観客者が来場
大勢の観客者が来場

ウインターカップ東京都予選の決勝は、明星学園対八雲学園。第一体育室は立ち見が出るほどでいっぱいでした。シュートが決まるたびに大きな歓声が響き渡っていました。東村山市出身の選手も試合には出場していたことから多くの方が応援に来場されておりました。また、選抜中学生は、トップレベルの高校生が試合を行う会場で試合ができる喜びを感じながらプレーをしているように見えました。
結果は、明星学園が優勝とのこと。おめでとうございます。明星のレギュラーには東村山出身の選手がいて、大活躍しておりました。12月の本大会も日々の練習の成果を出し尽くせるよう、全力で頑張って下さい。 応援しております。
今年の、ウインターカップ(全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会)は、12月に広島県で開催です。

熱戦が展開されたウインターカップ
熱戦が展開されたウインターカップ

ウインターカップ結果
ウインターカップ結果

平成24年9月8日(土曜)

多摩みどり幼稚園第2回東日本大震災救援バザー

卒園児童の保護者の方に描いていただきました。
卒園児童の保護者の方に描いていただきました。

本日は多摩みどり幼稚園第2回東日本大震災救援バザーにうかがいました。園庭では、手作りおもちゃ、日用品の販売の他、大道芸や卒業園児の保護者の方が似顔を描いてくれるイベントも行われておりました。そこで私も似顔絵を描いていただきました。皆様の温かいお気持ちは、被災地へ届いたことと思います。
8月24日に出席した仙台市で行われた市長会と部会合同研修会にて、仙台市「井土搬入場」元馬術場の瓦礫等搬入場の見学や荒浜小学校屋上から海岸方向を望みました。9月11日で震災から1年半を迎えますが、復興には長い時間と支援、そして資金を要するものと実感いたしました。
今後とも被災地に対し、市としても出来ることを行ってまいりたいと思います。皆様のご理解とご協力を宜しくお願いいたします。

平成24年9月3日(月曜)

食材放射性物質検査機器を配置

消費者庁より、食材放射性物質検査機器が貸与されました。

本日の食材「小松菜」を検査中
本日の食材「小松菜」を検査中

東村山市は、市内の公立保育園児や公立小・中学校の児童、生徒に安全で安心な給食の提供に努めております。その取り組みの一つとして、8月23日(木曜)に消費者庁より貸与されました放射性物質検査機器で給食食材の検査を行なってまいります。
先ず、約2週間のテストを行い9月12日(水曜)より当面の間、公立保育園、公立小・中学校の給食食材の検査を行なってまいります。
測定の対象は一般食品とし、測定基準は、下限値1キログラム中10ベクレルといたします。今後も安全・安心な給食の提供に努めてまいります。なお、検査結果については市ホームページで掲載いたします。

平成24年9月2日(日曜)

第49回東村山市民体育大会総合開会式

本日は恒例の東村山市民体育大会の総合開会式に出席致しました。
この開会式はスポーツの祭典「市民体育大会」の幕開けとして、毎年開催しており、今年で第49回を迎えました。
当日は大雨の影響で運動公園からスポーツセンターでの開催となりましたが、大勢の方々に参加をいただきました。
第四中学校、東村山高校、東村山西高校の吹奏楽部の合同演奏により、体育協会傘下の38連盟の皆さん、体力つくり推進委員の皆さんなどによる行進が行われました。
また、式典では平成24年度スポーツ優秀選手表彰式が行われました。今年はテコンドー、アイスホッケー、グラススキーの選手3名に表彰状を授与させていただきました。受賞された皆様、おめでとうございます。

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る