このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

市長の活動日誌(平成27年9月)

更新日:2015年10月1日

9月の活動の一部をご紹介します

平成27年9月30日(水曜)

平成27年度東村山市職員表彰盾の贈呈

 当市では「東村山市職員表彰」として、職務に関し特に他の模範とするに足るべき行為のあったとき、事務改善等について有益な提案のあったとき、等と認められるとき、職員を表彰しております。
 今年度から、職員表彰の中で毎年表彰をおこなう「接遇満足度ナンバー1」「時間外勤務削減率ナンバー1」「接遇向上ナンバー1」の3つの項目については、該当所管に盾を贈呈することにし、今朝、今年度の表彰対象所管をまわってきました。
 「接遇満足度ナンバー1」として、平成26年度の接遇アンケートにおいて「良い」と評価された割合が最も高く、窓口対応及び市民サービス向上に向けた努力と姿勢を評価し、総務部総務課情報公開係を表彰しました。今後も他の所管の模範となっていただければと思います。

総務部総務課文書係
総務部総務課文書係

 「時間外勤務削減率ナンバー1」としては、目標達成度の最も高かった監査委員事務局を表彰しました。当市では、時間外勤務縮減の取組として、平成26年度より一人あたりの時間外勤務を月2時間削減する『月2時間、時間外を減らそう運動』を実施しております。今後も事務の効率化や業務改善に努めていただきたいと思います。

監査委員事務局
監査委員事務局

 「接遇向上ナンバー1」として、平成26年度の接遇アンケートにおける「窓口対応への満足度」について、年度初回と最終回の実施結果を比較した際に、「良い」の割合の増加率が最も上昇した教育部廻田図書館を、接遇アンケートの趣旨を理解し、接遇改善に向けた努力と姿勢を評価し、表彰しました。今後も「窓口対応への満足度」の向上に励んでいただければと思います。

教育部廻田図書館
教育部廻田図書館

 今回表彰を受けた所管は、この盾を来年度以降も継続して自分の所管に置いておけるように、今回対象とならなかった所管は来年度はこの盾を自分の所管に置けるよう前向きに努めていただければと考えております。

平成27年9月23日(水曜)

朗読劇「あん」の公演

 本日、サンパルネ・コンベンションホールにて、原作者のドリアン助川さんと女優の中井貴恵さんによる朗読劇「あん」の公演が行われ、公演のはじめに挨拶をさせていただき、公演も拝見いたしました。
 朗読劇ということで、声だけでどのように「あん」の世界観を表現するのだろうと思っておりましたが、小説とも映画とも異なる「あん」に接することができました。特に女優の中井貴恵さんが一人何役も声の調子を使い分け、演技をされているように朗読されていたのが大変印象的でした。小説の中で使われていた言葉がより透明感を増してまっすぐに心に届いてきました。
 今回、朗読劇「あん」の公演が開催されるきっかけとなったのは、今年6月にドリアン助川さんがサイン会などで市内を訪れ、住民有志で結成された「あんのまち東村山実行委員会」の方々と交流され、その際に小説「あん」の出発点となった東村山で朗読劇を行いたいとの企画案が持ち上がったことによるものでした。会場は満席で、ものすごい熱気に溢れており、多くのかたの関心の高さ、有志の皆さまのご努力をあらためて感じました。
 今後は映画と朗読劇によって東村山を知っていただくとともに、ハンセン病に関する正しい理解と多磨全生園の「人権の森」構想のさらなる推進を促す大きな力になってもらえればと願っております。

出演者、有志の方々と記念撮影
出演者、有志の方々と記念撮影

朗読劇「あん」パンフレット
朗読劇「あん」パンフレット

平成27年9月14日(月曜)

文部科学省へ平成27年度学校施設環境改善交付金に関する緊急要請を行いました

 本日午後、東京都市長会で取りまとめた「平成27年度学校施設環境改善交付金に関する緊急要請」を東京都市長会会長である並木 羽村市長とともに文部科学省へ提出してまいりました。近年、校舎、トイレ、体育館、給食施設等、多くの学校施設で老朽化が進み、施設の長寿命化や環境改善など、安全で安心な教育環境の整備の必要性が急速に高まる中、国庫補助である平成27年度の「学校施設環境改善交付金」対象事業については、不採択事業が多数生じていました。その結果、事業の先送りや財源不足の補てんなど、多摩地域各市の行財政運営に多大な影響を及ぼすことから、各市の整備計画の実施に必要な財源確保について、このたび東京都市長会を通じて要請をしたものであります。
 文部科学省におきましては、大臣官房文教施設企画部長が対応してくださり、これまで優先して取り組んできた耐震化が概ね完了し、これ以外の部分について、今後あらゆる財源を使って要望に応えていきたいとの回答をいただきました。

市長会を代表し、会長とともに要請を行いました
市長会を代表し、会長とともに要請を行いました

平成27年9月6日(日曜)

第52回東村山市民体育大会総合開会式

 本日、市民スポーツセンターにて第52回東村山市民体育大会総合開会式を開催いたしました。東村山市民体育大会は「スポーツ都市宣言 東村山」を象徴するスポーツの祭典です。既に開催している7月19日からの13町スローピッチ・ソフトボール大会に始まり、2月7日のテニスバット大会まで長期にわたります。日頃の成果を存分に発揮してください。
 総合開会式では、東村山市民踊連盟による優勝杯返還、選手宣誓、東村山市立東村山第四中学校吹奏楽部、都立東村山高等学校吹奏楽部、都立東村山西高等学校吹奏楽部による演奏等が行われました。
 また、式典では市長表彰として国際大会に出場された当市出身のアスリートのかたを表彰しており、第27回ユニバーシアード冬季競技大会に出場されたアイスホッケーの當間 実結選手、FISグラススキージュニア世界選手権2015に出場されたグラススキーの荒井 大地選手、EAFF女子東アジアカップ2015決勝大会に出場されたサッカーの薊 理絵選手、第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップに出場中の野球のオコエ瑠偉選手を表彰させていただきました。受賞された皆さま、誠におめでとうございます。さらなるご活躍をお祈り申し上げます。

東村山市民踊連盟による選手宣誓
東村山市民踊連盟による選手宣誓

平成27年9月5日(土曜)

平成27年度東村山市総合震災訓練を開催いたしました

 本日、都立東村山中央公園にて、平成27年度総合震災訓練を開催いたしました。
 昨年度に引き続き今年度も都立東村山中央公園と共催させていただき、美住町の皆さまを中心に防災関係機関の方々を含め、総勢1,000名を超えるご参加をいただくことができました。
 初期消火、救出救助、応急救護、ロープ結索訓練をはじめ、関係機関による防災に関する各種展示、起震車による地震体験、煙体験、さらに東京都水道局のご協力のもと、八坂給水所を開放していただき、普段見ることのできない災害時の応急給水施設見学ができるようにいたしました。新たな試みといたしましては、外国籍の方々向けのブースを設置し、英語・中国語・韓国語のチラシを用意するとともに、通訳のボランティアの方々にご協力いただき、通訳を必要とされるかたに対応いたしました。
 また、都立東村山中央公園での訓練に先立ち、美住町地域の自治会のご協力のもと「まちかど訓練」として、富士見公民館横をいっとき避難場所とし、その後広域避難場所である都立東村山中央公園に避難していただく訓練を行いました。地域の皆さまの自助・共助の意識を高めていただくことができたのではないかと思います。
 最後になりましたが、各訓練へご協力いただいた東村山消防署、操法演習で日々の訓練の成果をご披露いただいた東村山市消防団、救助デモンストレーションにご協力いただいた東村山警察署など、多くの防災関係機関の皆さまにご尽力いただきましたことに感謝申し上げます。


総合震災訓練開始

救助犬による救助デモンストレーション
救助犬による救助デモンストレーション

このページに関するお問い合わせ

経営政策部秘書広報課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 (東村山市役所本庁舎3階)
電話:市役所代表:042-393-5111(内線 秘書係:2013~2015 広報広聴係:2016~2018)  ファックス:042-393-9669
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
経営政策部秘書広報課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る