このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

平成31年3月11日 市長庁内放送

更新日:2019年3月11日

「東日本大震災から8年目を迎えて」(市長庁内放送平成31年3月11日)

音声による市長メッセージです。ぜひ、市長の声をお聴きください。

3.11から8年目を迎えて

 ご来庁の市民の皆様、そして職員の皆さん、東村山市長の渡部 尚(わたなべ たかし)です。

 早いもので、東日本大震災ならびに福島第一原子力発電所事故の発生から8年が経過しました。マグニチュード9.0、日本の国内及び周辺における観測史上最大の地震により、40mにも及ぶ巨大津波が発生し、東北から関東の太平洋沿岸部の街という街を呑み込み、壊滅的な被害をもたらしました。
 死者・行方不明者は1万8千人を超え、避難生活の中で体調を崩されお亡くなりになられた、いわゆる「震災関連死」のかた約3千7百人を含めますと、2万1千人以上のかたが犠牲となられました。
 改めて、犠牲となられた全ての御霊に対し哀悼の誠を捧げ、ご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
復興庁で発表しております、被災者のかた向けに供給された「災害公営住宅数」は、平成30年12月末現在、2万9千675戸の計画に対し、完成戸数は2万9千212戸と進捗率は98.4%となり、政府や被災地の県、自治体はじめ関係機関など、多くの方々のご尽力により、復興の兆しが見えてまいりました。
 しかしながら、「全国の避難者数」は平成31年1月29日現在、約5万3千人、応急仮設住宅等への入居者数は約3万3千人と報告されており、被災者の心身のケアや見守り・相談、家族や住居を失った児童生徒等への支援など、被災者の生活再建と心のケアは未だ途上であり、多くのかたにとって大変厳しい状況が続いております。
 それとともに、被災者からの国民の震災や原発事故への関心が薄れていく「風化」を心配する声と「風評」払拭のための継続した情報発信の必要性など、8年が経過した今なお、震災の爪痕はいまだ色濃く残っている状況にあると言えます。
 被災地の一日も早い復興をお祈りするとともに、この未曽有の災害を風化させることなく、私たちも被災された皆様に向き合い、寄り添い、できるだけの支えをさせていただくことを改めてお誓い申し上げます。

当市の災害時の対応力強化に向けた取り組み

 さて、東日本大震災発生以降、当市におきましては、第4次総合計画のまちづくりの基本姿勢のひとつとして掲げた「市民の命を最優先」の理念のもと、「安全で安心なくらしを守る」ため、今年度も様々な防災施策を進めてまいりました。
 各小学校で組織されております避難所運営連絡会では、市民の皆様に積極的にご参加いただいたことで、各学区での避難所運営マニュアルの作成が進み、モデル校として先進的に立ち上がった避難所運営連絡会では、連絡会主導による訓練が開始され、多くの地域住民の方が参加されるなど、非常に心強く感じているところであります。
 また、ごみ集積所跡地や公共施設内のスペースを利用した「土のうステーション」を市内21ヵ所に設置し、災害発生時に市民の皆さまが自ら早期にご対応いただけるようになり、水害による被害の軽減が図れるのではないかと考えております。
 さらには、現在、災害への備えといたしまして、アプリによる災害情報共有システム「東村山(ひがしむらやま)防災(ぼうさい)navi(ナビ)」を構築中であり、出水期前の平成31年5月中の公開を予定しております。
 このアプリは、市民の皆様や関係機関の方々が得た災害情報を、 スマートフォンで写真を撮影・投稿していただくプル型の情報ツールでありますが、その情報を東村山市災害対策本部内の地上図で確認・指示することが可能であるとともに、市民の皆様も市内の状況を閲覧することが出来るシステムとなっており、有事の際に、より迅速な対応が図られるようになるものと期待しているところであります。
 改めて市民の皆様を守り、市民の皆様が安全にそして安心して暮らし続けられる東村山をつくっていくために、今後とも渾身の努力をすることをお誓い申し上げます。何卒市民の皆様の引き続きのご理解とご協力をお願い申し上げます。

 間もなく震災より8年となる午後2時46分となります。
犠牲となられた全ての御霊のご冥福をお祈りするとともに、被災地の一日も早い復興を祈り、1分間の黙祷を捧げたいと思います。
 ご協力をお願いいたします。それでは「黙祷」。
(黙祷1分間)
黙祷を終わります。ご協力ありがとうございました。

このページに関するお問い合わせ

経営政策部秘書広報課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 (東村山市役所本庁舎3階)
電話:市役所代表:042-393-5111(内線 秘書係:2013~2015 広報広聴係:2016~2018)  ファックス:042-393-9669
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
経営政策部秘書広報課のページへ

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

このページを見ている人はこんなページも見ています

お勧めのリンクはありません。

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る