○東村山市名誉市民条例

昭和55年3月31日

条例第13号

(目的)

第1条 この条例は、広く社会文化の興隆に寄与し、卓絶した功績のあった者に対してその功績をたたえ、市民敬愛の対象として顕彰し、もって社会文化の興隆に資することを目的とする。

(称号を贈る条件)

第2条 市民又は市に縁故の深い者で、公共の福祉の増進、学術技芸その他広く社会文化の興隆に寄与し、その功績が卓絶で市民が郷土の誇りとし、かつ、深く尊敬に値いすると認めた者に対しては、この条例の定めるところにより東村山市名誉市民(以下「名誉市民」という。)の称号を贈ることができる。

(選定)

第3条 名誉市民は、市長が議会の同意を得て選定する。

(功績の顕彰)

第4条 名誉市民の事績は、公示し、これを顕彰する。

(待遇及び特典)

第5条 名誉市民に対しては、市長の定めるところにより待遇及び特典を与えることができる。

(称号の取消し)

第6条 名誉市民が本人の責に帰すべき行為により著しく名誉を失い、市民の尊敬を受けるにふさわしくないと認められるときは、市長は、議会の同意を得て名誉市民の称号を取り消すことができる。

2 前項によって名誉市民でなくなった者は、その取消しの日から第5条の規定によって与えられた待遇及び特典を失う。

(特別名誉市民)

第7条 市長は、親善その他の目的で市の賓客として来訪した外国人に対し、第2条及び第3条の規定にかかわらず特に名誉市民の称号を贈ることができる。

(委任)

第8条 この条例の施行について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

東村山市名誉市民条例

昭和55年3月31日 条例第13号

(昭和55年3月31日施行)