○東村山市民栄誉賞に関する規則

平成10年9月25日

規則第83号

(目的)

第1条 この規則は、社会に明るい希望と活力を与えるとともに、市民の誇りとして敬愛され、東村山市の名を高めた者に対して贈る東村山市民栄誉賞(以下「市民栄誉賞」という。)に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(市民栄誉賞)

第2条 市民栄誉賞は、学術・芸術・文化等の分野においてその業績が顕著であると認められる者で、市内に居住しているもの若しくは居住していたもの又は市内で主たる活動をしている団体等(以下「市民等」という。)に贈ることができる。

2 前項の規定にかかわらず、市長は特に必要があると認めるときは、市民等以外の者に贈ることができる。

(欠格事項)

第3条 市民栄誉賞は、次の各号の一に該当する者には贈ることができない。

(1) この規則により、既に同一の事績で表彰を受けた者

(2) 刑事事件に関して現に起訴をされている者又は禁固以上の刑に処せられた者

(3) 破産手続開始の決定を受け復権しない者

(4) 前各号に掲げるもののほか、市民栄誉賞にふさわしくないと認められる者

(被表彰者の決定)

第4条 市長は、市民栄誉賞の候補者を選定し、東村山市表彰条例(昭和62年東村山市条例第19号)第10条に規定する東村山市表彰審査会に諮って市民栄誉賞の被表彰者(以下「被表彰者」という。)を決定する。

(表彰の方法)

第5条 表彰は、表彰状を授与して行うものとする。

2 表彰に当たっては、記念品を添えることができる。

3 被表彰者が死亡したときは、その遺族に贈る。

(表彰の時期)

第6条 表彰は、随時行う。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成10年10月1日から施行する。

附 則(平成18年2月14日規則第5号)

この規則は、公布の日から施行する。

東村山市民栄誉賞に関する規則

平成10年9月25日 規則第83号

(平成18年2月14日施行)

体系情報
第1編 規/第3章
沿革情報
平成10年9月25日 規則第83号
平成18年2月14日 規則第5号