○東村山市表彰条例

昭和62年9月25日

条例第19号

(目的)

第1条 この条例は、東村山市(以下「市」という。)の市政振興、公共の福祉の増進等に功労があったもの及び広く市民の模範となるものの表彰に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

一部改正〔平成12年条例2号〕

(表彰の種類)

第2条 表彰の種類は、市民表彰、自治表彰及び特別自治功労表彰とする。

(市民表彰)

第3条 市民表彰は、次の各号のいずれかに該当するものに対して行う。

(1) 市民若しくは市に関係のある個人又は団体で、市の公共の福祉の増進、市民文化の向上等に尽力し、その業績が顕著なもの

(2) 市民で徳行が著しく他の模範としてふさわしい者

(3) 個人又は団体で、市の公益のために多額の金品その他を寄附したもの

(4) 前3号に定めるもののほか、市の公益に関し特に功労顕著なもの

一部改正〔平成12年条例2号・令和元年10号〕

(自治表彰)

第4条 自治表彰は、就任について公職選挙法(昭和25年法律第100号)及びこれを準用する選挙又は議会の選挙若しくは同意を必要とする特別職の職員のうち、退職した者に対して行う。

2 市職員のうち、地方自治の進展に特別の功績があると認めたときは、そのものの退職時に自治表彰を行うことができる。

(特別自治功労表彰)

第5条 次の各号のいずれかに該当する者が退職したときは、特別自治功労者として功労章を贈る。

(1) 市長、副市長又は教育長として通算8年以上その職にあった者

(2) 市議会議員、教育委員会委員、選挙管理委員会委員、知識経験を有する者の中から選任された監査委員、農業委員会委員又は固定資産評価審査委員会委員として通算12年以上その職にあった者

2 前項に定める者以外で、市政に関し特に功労顕著と認めたときは、第10条に定める審査会の承認を得て功労章を贈ることができる。

3 特別自治功労者に対しては、次の各号に掲げる待遇を行う。

(1) 市の儀式への参列

(2) 弔時における弔慰金その他これに類する弔意

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める待遇

一部改正〔平成12年条例2号・19年2号〕

(再表彰)

第6条 この条例により、既に表彰を受けたものであっても、新たにその理由が生じたときは、重ねて表彰することができる。

一部改正〔平成12年条例2号〕

(在職年数の算定)

第7条 第5条第1項に規定する在職年数を算定する場合において、在職期間が中断するときは、当該中断する期間を除いて通算する。

一部改正〔平成12年条例2号〕

(表彰の方法)

第8条 被表彰者に対しては、表彰状及び記念品を贈る。

2 表彰を受けるべき者が表彰前に死亡したときは、その遺族に贈る。

(表彰の時期)

第9条 表彰の時期は、次に定めるとおりとする。

(1) 第3条及び第5条第2項の規定による表彰は、毎年1月1日現在を基準に調査し、市長が定める日に行う。

(2) 第4条及び第5条第1項の規定による表彰は、その者が退職する時に行う。

(審査会)

第10条 表彰の適正な実施を図るため、東村山市表彰審査会(以下「審査会」という。)を置く。

2 審査会に関し必要な事項は、規則で定める。

(適用の除外)

第11条 次の各号のいずれかに該当する者は、第3条から第5条までに規定する該当者であっても、この条例を適用しない。

(1) 禁錮以上の刑に処せられた者

(2) 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者

(3) 懲戒によりその職を免じられた者

(4) 前3号に定める者のほか、不適当と認められる者

一部改正〔平成12年条例2号・18年1号・令和元年10号〕

(特別自治功労者の除外)

第12条 市長は、特別自治功労者の責に帰すべき行為により著しくその名誉を失ったと認めるときは、審査会に諮り除外し、第5条第3項の待遇を行わないことができる。

一部改正〔平成12年条例2号〕

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行日等)

1 この条例は、公布の日から施行し、昭和62年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 この条例施行の際、表彰対象の職にある者の在職期間の計算については、その者がその職についたときから起算する。

3 東村山市施行20周年記念式典において特別自治功労者として表彰を受けた者は、この条例第5条による特別自治功労者の受彰者とみなす。

附 則(平成12年3月29日条例第2号)

(施行期日等)

1 この条例は、平成12年4月1日から施行する。

2 第1条の規定による改正後の東村山市表彰条例第5条第1項の規定は、この条例の施行の際、現に同項第1号又は第2号に規定する職にある者から適用する。

附 則(平成18年3月30日条例第1号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月29日条例第2号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(東村山市表彰条例の一部改正に伴う経過措置)

2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)前に助役及び収入役の職にあった者(施行日以後に地方自治法の一部を改正する法律(平成18年法律第53号)附則第3条第1項の規定により在職する収入役(以下「在職収入役」という。)となった者を含む。)については、その職の在職年数を、第2条の規定による改正後の東村山市表彰条例第5条第1項第1号に規定する職(在職収入役の場合は、その職を同号に規定する職とみなす。)の在職期間に通算して、同条の規定を適用する。

附 則(令和元年9月30日条例第10号)

この条例は、公布の日から施行する。

東村山市表彰条例

昭和62年9月25日 条例第19号

(令和元年9月30日施行)