○自動車の臨時運行の許可に関する規則

平成5年3月19日

規則第7号

(目的)

第1条 この規則は、道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「法」という。)及び道路運送車両法施行規則(昭和26年運輸省令第74号。以下「省令」という。)に定めるもののほか、自動車の臨時運行の許可に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(許可申請)

第2条 法第34条第2項の規定による自動車の臨時運行の許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、自動車臨時運行許可申請書兼交付簿(第1号様式)により市長に申請しなければならない。

2 申請者は、前項の申請に際して、自動車損害賠償保障法(昭和30年法律第97号)第9条又は第9条の5の規定に基づき、自動車損害賠償責任保険(共済)証明書を提示しなければならない。ただし、同法第10条の規定に該当するものを除く。

3 市長は、申請者に対し、許可を行ううえで必要があると認められるときは、次の各号に定めるところにより、必要とする書面の提示又は提出を求めることができる。

(1) 申請者について本人であることを確認する場合

 運転免許証

 住民票

 印鑑証明書

 その他本人であることの身分を証明するもの

(2) 法人の代理人であることを確認する場合

 代理人であることを証明するもの

(3) 自動車を確認する場合

 自動車検査証

 抹消登録証明書又は検査証返納証明書

 通関証明書等輸入の事実を証する書面

 自動車製造業者等発行の完成検査終了証、譲渡証明書又は製作証明書

 その他自動車を確認できる書面

(4) その他の確認をする場合

 必要と認める書面

(審査)

第3条 市長は、前条の規定に基づき申請があったときは、同条に規定する書面を確認し、申請者に説明を求めるとともに、次の各号について審査を行う。

(1) 法第35条第1項の規定に該当する場合であること。

(2) 自動車が許可の対象であること。

(3) 運行の目的が妥当なものであり、かつ、真実性があること。

(4) 運行の経路が運行の目的を達成するうえで適正であること。

(5) 運行の期間が運行の目的及び経路等を勘案し、必要最少日数であること。

(6) 自動車損害賠償責任保険(共済)の契約期間が許可証の有効期間を充足するものであること。

(許可証の交付及び番号標の貸与)

第4条 市長は、前条の規定に基づく審査のうえ、許可をしたときは、当該申請者に自動車臨時運行許可証(第2号様式。以下「許可証」という。)を交付し、自動車臨時運行許可番号標(以下「番号標」という。)を次の区分により貸与する。

 

自動車の種類

貸与枚数

(1)

省令第24条ただし書に規定する二輪自動車・側車附二輪自動車・三輪自動車・被牽引自動車・国土交通大臣の指定する大型特殊自動車

1枚

(2)

前号に定める自動車以外の自動車

2枚

2 前項第1号の場合にあっては、2枚1組の番号標のうち、1枚を貸与したときは、その返納があるまでは、残余の1枚を他の自動車に貸与しないものとする。

(番号標の番号)

第5条 番号標の番号は、市長が告示するものとする。

(手数料)

第6条 自動車の臨時運行の許可を受けた者(以下「許可を受けた者」という。)は、許可証を受領する際に、東村山市手数料条例(平成12年東村山市条例第3号)に定める臨時運行許可申請手数料を納めなければならない。

(許可証及び番号標の返納)

第7条 許可を受けたものは、有効期間が満了したときは、許可証及び番号標を市長に返納しなければならない。

2 市長は、許可を受けた者が有効期間満了後、5日を経過してもなお許可証及び番号標を返納しないときは、電話又ははがきによる督促等、適宜の方法により回収に努めるものとする。

(臨時運行許可台帳)

第8条 市長は、許可をしたとき、並びに許可証及び番号標が返納されたときその他の処理をしたときは、臨時運行許可台帳(第3号様式の1及び第3号様式の2)に所定の事項を記録しておくものとする。

(臨時運行許可番号標台帳)

第9条 市長は、番号標を新たに保有し、又は亡失し、若しくはき損等のため廃棄したときは、臨時運行許可番号標台帳(第4号様式)に所定の事項を記録し、常に番号標の保有状況を把握しておくものとする。

(許可証及び番号標の保管)

第10条 許可証の用紙及び番号標は、無断使用、き損、遺失及び盗難等のないよう、施錠して厳重に保管するものとする。

(許可証及び番号標の亡失)

第11条 許可を受けた者は、許可証及び番号標を亡失又はき損したときは、速やかに自動車臨時運行許可番号標・許可証亡失(き損)(第5号様式)により市長に届け出るとともに番号標を亡失したときは、その旨を警察署に届け出なければならない。

2 番号標を亡失又はき損した者は、実費として1,800円を弁償しなければならない。ただし、亡失又はき損の理由が天災その他の不可抗力による場合は、市長の承認を得て、実費の支払いを免れることができる。

(番号標の失効)

第12条 市長は、番号標の亡失届が提出されたときは、当該番号標の失効の告示をし、かつ、その旨を所轄の警察署長及び陸運支局長に通知するものとする。

(許可の取消し)

第13条 市長は、虚偽その他不正の手段により、臨時運行の許可を受け、又は不正に使用したことを発見したときは、直ちに許可を取り消し、その旨を許可を受けた者に通知するとともに、許可証及び番号標を回収するものとする。

(準用)

第14条 第2条から前条までの規定は、法第73条第2項に規定する検査対象軽自動車及び二輪の小型自動車に係る臨時運行許可について準用する。

(その他必要な事項)

第15条 この規則に定めるもののほか自動車の臨時運行許可に関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成8年8月30日規則第72号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成10年4月6日規則第34号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年3月29日規則第17号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成14年1月31日規則第2号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。ただし、第11条第2項の改正規定は、平成14年2月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、現にこの規則による改正前の第4条の規定により許可を受けている者は、この規則による改正後の自動車の臨時運行の許可に関する規則の規定により許可を受けた者とみなす。

3 この規則の施行の際、この規則による改正前の第2号様式による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(平成16年6月3日規則第28号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年7月6日規則第57号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年7月9日から施行する。

附 則(平成26年6月11日規則第48号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(令和元年5月31日規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

自動車の臨時運行の許可に関する規則

平成5年3月19日 規則第7号

(令和元年5月31日施行)

体系情報
第7編 生活環境/第1章 市民生活
沿革情報
平成5年3月19日 規則第7号
平成8年8月30日 規則第72号
平成10年4月6日 規則第34号
平成12年3月29日 規則第17号
平成14年1月31日 規則第2号
平成16年6月3日 規則第28号
平成24年7月6日 規則第57号
平成26年6月11日 規則第48号
令和元年5月31日 規則第1号