○東村山市消防団の組織等に関する規則

昭和31年3月20日

規則第3号

(目的)

第1条 消防組織法(昭和22年法律第226号)第18条第2項及び第23条第2項の規定に基づき、東村山市消防団の組織等に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(組織)

第2条 消防団は、消防団本部及び数個の分団をもって組織する。

2 消防団本部は、東村山市役所内に置く。

(分団)

第3条 分団は、分団長、副分団長、部長及び3個の班をもって組織する。

(区域・定数)

第4条 分団等の受持ち区域及び消防団員の定数は、別表による。

(階級)

第5条 消防団員の階級は、消防団長、消防副団長、分団長、副分団長、部長、班長及び一般団員とする。

(辞令)

第6条 任命権者は、消防団員を任免するときは、辞令式により文書をもって行うものとする。

(職務)

第7条 消防団長は、消防団の事務を統括し、消防団員を指揮して、法令、条例及び規則等に定める職務を行う。

2 消防副団長は、消防団長の職務を補佐し、消防団長に事故があるとき又は欠けたときは、消防団長があらかじめ定めた順序により消防団長の職務を行う。

第8条 分団長、副分団長及び部長は、分団について前条を準用する。

2 班長は上司の命を受けて、その属する一般団員を指揮して、法令、条例及び規則等に定める職務を行う。

(宣誓)

第9条 消防団員になった者は、宣誓書(第1号様式)に署名して、消防団長に提出しなければならない。

(技能の練磨)

第10条 消防団長は、消防団員の品位の陶冶及び実施に役立つ技能の練磨に努めなければならない。

(所掌事務)

第11条 消防団本部は、次の事務を管掌する。

(1) 消防団員の身分に関すること。

(2) 文書簿冊の整理保存に関すること。

(3) 報告、通報及び連絡に関すること。

(4) 教養及び訓練に関すること。

(5) 消防団の諸計画に関すること。

(6) 会計及び経理に関すること。

(7) 設備、資材その他物品の管理に関すること。

(8) その他必要と認める事項

(設備資材)

第12条 消防団の設備資材は、分団長がこれを保管するものとする。

2 設備資材を棄損又は亡失したときは、分団長は、直ちにその事由を具して、消防団長に届け出なければならない。

3 消防団長は、前項の届出があったときは、直ちに市長に報告しなければならない。

(損害賠償)

第13条 故意又は重大な過失により設備資材を棄損又は亡失した者に対して、市長は、その損害を賠償させることができる。

(職務外使用の禁止)

第14条 機械器具その他設備資材は、職務以外に使用してはならない。ただし、市長がやむを得ないと認めたときは、この限りでない。

(手入れ)

第15条 機械器具及び保存を要する資材を使用したときは、格納前にその手入れをしなければならない。

(表彰)

第16条 市長は、消防分団又は消防団員が、その任務遂行に当たって功労抜群であるときは、これを表彰することができる。

(感謝状)

第17条 市長は、次に掲げる事項について功労があると認められる者又は団体に対して、感謝状を授与することができる。ただし、市民表彰の授与の対象となる場合は、この限りでない。

(1) 水火災の予防又は鎮圧

(2) 消防施設の強化拡充についての協力

(3) 水火災現場における人命救助

(4) 水火災その他災害時において警戒、防御及び救助に関し消防団に対して行った協力

(5) 訓練その他の消防団の活動に対して行った協力

(訓練等)

第18条 消防団の訓練及び礼式については、消防訓練礼式の基準(昭和40年消防庁告示第1号)に定めるところによる。

附 則

1 この規則は、昭和31年4月1日から施行する。

2 この規則施行の日から東村山市消防団規則(昭和25年東村山町規則第1号)は、廃止する。

附 則(昭和38年3月29日規則第4号)

この規則は、昭和38年4月1日から施行する。

附 則(昭和42年3月23日規則第1号)

1 この規則は、昭和42年4月1日から施行する。ただし、副分団長の職の改正規定は、昭和39年4月1日から施行する。

2 この規則施行の日(以下「施行日」という。)より当分の間、各分団内の班長の定数は、なお、従前の定数によることができるものとし、施行日以後の班長定数を超える場合には、その超える班長の数を一般団員定数から減ずるものとする。

附 則(昭和44年3月24日規則第3号)

この規則は、昭和44年4月1日から施行する。

附 則(昭和46年3月30日規則第9号)

この規則は、昭和46年4月1日から施行する。

附 則(昭和58年5月30日規則第15号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和58年4月2日から適用する。

附 則(平成2年6月28日規則第24号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成9年12月12日規則第69号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成13年11月22日規則第74号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月14日規則第9号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年3月17日規則第7号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

別表(第4条)

名称

区域

団員定数

団長

副団長

分団長

副分団長

部長

班長

一般団員

消防団本部

 

1

2

3

第1分団

秋津町全域、青葉町3・4丁目

1

1

1

3

15

21

第2分団

久米川町全域、青葉町2丁目

1

1

1

3

15

21

第3分団

本町全域、野口町1丁目、諏訪町1・2丁目

1

1

1

3

15

21

第4分団

諏訪町3丁目、野口町2・3・4丁目、美住町2丁目1番地~24番地

1

1

1

3

15

21

第5分団

多摩湖町全域、富士見町4丁目、廻田町全域、美住町2丁目25番地~29番地

1

1

1

3

15

21

第6分団

美住町1丁目、富士見町1・2・3・5丁目、栄町全域・萩山町全域

1

1

1

3

15

21

第7分団

恩多町全域、青葉町1丁目

1

1

1

3

15

21

 

1

2

7

7

7

21

105

150

画像

東村山市消防団の組織等に関する規則

昭和31年3月20日 規則第3号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第11編 防災・消防/第2章
沿革情報
昭和31年3月20日 規則第3号
昭和38年3月29日 規則第4号
昭和42年3月23日 規則第1号
昭和44年3月24日 規則第3号
昭和46年3月30日 規則第9号
昭和58年5月30日 規則第15号
平成2年6月28日 規則第24号
平成9年12月12日 規則第69号
平成13年11月22日 規則第74号
平成19年3月14日 規則第9号
平成23年3月17日 規則第7号