○東村山市奨学資金貸付基金条例

昭和39年3月26日

条例第13号

(設置)

第1条 奨学資金の貸付けに関する事務を円滑かつ効率的に行うため、奨学資金貸付基金(以下単に「基金」という。)を設置する。

(基金の額)

第2条 基金の総額は、5,716万円とし、5,716万円に達するまで毎年予算の範囲内で漸次増額するものとする。

一部改正〔昭和44年条例22号・50年14号・平成7年25号〕

(奨学資金の貸付け等)

第3条 奨学資金の貸付け並びに運用管理方法等は、東村山市奨学資金貸付条例(昭和38年東村山市条例第23号)の定めるところによる。

(委任)

第4条 この条例に定めるものを除くほか、基金の管理について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、昭和39年4月1日から施行する。

附 則(昭和44年6月20日条例第22号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和50年6月17日条例第14号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成7年12月8日条例第25号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の東村山市奨学資金貸付条例の規定は、平成8年4月1日以後に入学又は在学し、学資金の貸付けを受けようとする者に係る貸付けから適用する。

東村山市奨学資金貸付基金条例

昭和39年3月26日 条例第13号

(平成7年12月8日施行)

体系情報
第12編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
昭和39年3月26日 条例第13号
昭和44年6月20日 条例第22号
昭和50年6月17日 条例第14号
平成7年12月8日 条例第25号