○東村山市青少年対策地区委員表彰規程

昭和61年12月27日

規程第17号

(目的)

第1条 この規程は、東村山市青少年問題協議会長の行う東村山市青少年対策地区委員(以下「委員」という。)の表彰等に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(表彰)

第2条 市が推進する青少年問題の施策に長年、地域において協力し、顕著な功績があると認められる委員で、次の各号の一に該当する者があるときは、これを表彰する。

(1) 地区委員会の発展に貢献し、その業績が顕著である者

(2) 委員の名誉を高揚し、他の委員の模範となる者

(3) その他青少年問題協議会会長が、特に表彰することが適当と認める者

(感謝状)

第3条 地域の青少年問題、環境の浄化等に関して功労があり、地区委員会の推せんを受けた委員で、次の各号の一に該当すると認めるときは感謝状を贈る。

(1) 通算3期以上又は6年以上引き続きその行為に従事している者

(2) 委員として地区委員会の運営、発展に特に貢献した者

(表彰等の時期)

第4条 表彰等は、次により行うものとする。

(1) 表彰は、青少年対策地区連絡協議会総会で行う。

(2) 感謝状の贈呈は、各地区委員会の総会で行う。

(表彰等の制限)

第5条 次の各号の一に該当する者には、表彰又は感謝状の贈呈は行わない。

(1) 既に同一の行為によって表彰又は感謝状を受けた者

(2) 議会の議員及び市職員

(3) その他不適当と認められる者

(委任)

第6条 この規程の施行について必要な事項は、青少年問題協議会会長が別に定める。

附 則

この規程は、昭和62年3月31日から施行する。

東村山市青少年対策地区委員表彰規程

昭和61年12月27日 規程第17号

(昭和61年12月27日施行)

体系情報
第12編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和61年12月27日 規程第17号