○東村山市市政アドバイザーに関する規則

平成19年6月29日

規則第36号

(目的)

第1条 この規則は、東村山市(以下「市」という。)における市政アドバイザーに関し必要な事項を定めることを目的とする。

(設置等)

第2条 市に市政アドバイザーを置くことができる。

2 市政アドバイザーの定数は、2人以内とする。

(職務)

第3条 市政アドバイザーは、市の施策に関し、市長の相談に応じるものとする。

2 市政アドバイザーは、前項の相談に際し、意見を述べることができる。

(身分)

第4条 市政アドバイザーは、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に定める非常勤の特別職とする。

(選任)

第5条 市政アドバイザーは、市政について高い見識を有する者のうちから市長が選任する。

(任期)

第6条 市政アドバイザーの任期は、1年以内とする。ただし、再任を妨げない。

(執務)

第7条 市政アドバイザーは、市長が指定する日に執務する。

(資料の提出等)

第8条 市政アドバイザーは、職務を遂行するために必要があると認めるときは、各所管に対して資料の提出又は説明を求めることができる。

(守秘義務)

第9条 市政アドバイザーは、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後もまた、同様とする。

(補佐)

第10条 市政アドバイザーが行う事務については、経営政策部企画政策課職員が補佐する。

(その他)

第11条 この規則に定めるもののほか、市政アドバイザーに関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

この規則は、平成19年7月1日から施行する。

附 則(平成21年3月31日規則第24号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

東村山市市政アドバイザーに関する規則

平成19年6月29日 規則第36号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
平成19年6月29日 規則第36号
平成21年3月31日 規則第24号