○東村山市市民バス使用規程

平成20年5月2日

規程第8号

東村山市市民バス使用規程(昭和41年東村山市規程第3号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この規程は、東村山市市民バス(以下「市民バス」という。)の使用について、必要な事項を定めることを目的とする。

(使用範囲)

第2条 市民バスの使用範囲は、次のとおりとする。ただし、乗車人員や運行内容等により市民バスの使用が不適当な場合を除く。

(1) 市が主催又は共催する事業を実施するため、市民バスの使用が必要なとき。

(2) 前項に掲げるもののほか、市の事業遂行のため、特に市長が市民バスの使用を必要と認めたとき。

(使用手続)

第3条 市民バスを使用しようとする課長(以下「所管課長」という。)は、市民バスの運行を管理する課長(以下「市民バス運行管理課長」という。)の定めるところにより、当該使用する年度の開始前に市民バスの年間使用予定を届け出なければならない。ただし、年度中に緊急その他特別の事由が生じたときは、市民バス運行管理課長との協議を経て、臨時に市民バスの使用について届け出ることができる。

2 市民バス運行管理課長は、前項の規定による届出があったときは、その内容を審査するとともに、必要な調整をした後、市民バスの年間使用計画を立て、又は変更し、所管課長に対して、速やかに使用の可否を通知するものとする。

3 市民バス運行管理課長は、運転上その他の都合により支障を生じたときは、使用計画日時を変更し、又は取り消すことができる。

(運行経路等行程の計画)

第4条 前条第2項の規定により、市民バス使用の通知を受けた所管課長(以下「使用所管課長」という。)は、関係法令等を遵守し、安全運行となるよう運行経路等の行程を計画するとともに、運行に必要な資料等を添え、市民バス運行管理課長の定める日までに市民バス運行管理課長に提出しなければならない。

(添乗責任者の指定義務)

第5条 使用所管課長は、必ず市民バスの添乗責任者を定め、市民バスの運行中その操作等に関し運転者に協力させるとともに、市民バスの使用が完了するまで善良な管理者の注意を払わなければならない。

(禁止事項)

第6条 市民バスの利用者は、次の事項を行ってはならない。

(1) 車内において飲酒すること。

(2) 車内において放歌すること。

(3) 車内において喫煙すること。

(4) その他市民バスの適法かつ安全運転に支障となる行為をすること。

附 則

この規程は、公布の日から施行し、平成20年度以降の市民バスの使用に係る手続から適用する。

東村山市市民バス使用規程

平成20年5月2日 規程第8号

(平成20年5月2日施行)

体系情報
第3編 行政組織/第5章 庁中管理
沿革情報
平成20年5月2日 規程第8号