○東村山市職員の昇給に関する取扱規程

平成21年3月31日

規程第10号

普通昇給に関する取扱規程(昭和42年東村山市規程第11号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この規程は、東村山市職員の初任給、昇格、昇給に関する規則(平成20年東村山市規則第82号。以下「規則」という。)に基づき、職員(職務の級が東村山市職員の給与に関する条例(昭和32年東村山市条例第8号)別表第3に規定する5級である者を除く。以下同じ。)の昇給に関する取扱いについて、必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この規程における用語の意義は、規則の例による。

(昇給の判定期間)

第3条 欠勤等の日数の判定をする期間(以下「判定期間」という。)は、昇給日(規則第19条第1項に規定する昇給日をいう。以下同じ。)の前年の1月1日(この日後に採用された職員にあっては、当該採用の日)から同年の12月31日までとする。

2 処分の判定期間は、昇給日の前年の4月1日(この日後に採用された職員にあっては、当該採用の日)から翌年の3月31日までとする。

(昇給の標準号給数)

第4条 規則第20条の規定による昇給の号給数は、この規程に特別の定めがあるものを除き、4号給とする。

(勤務成績に基づく昇給の決定)

第5条 前条の規定にかかわらず、地方公務員法(昭和25年法律第261号。以下「法」という。)第28条の4第1項、第28条の5第1項又は第28条の6第1項若しくは第2項の規定により採用された職員以外の職員の昇給の号給数は、当該職員に係る人事評価の相対区分に応じて次の表に定める号給数とする。

相対区分

号給数

配分率

人事評価が5の職員

6号給

5%程度

人事評価が4の職員

5号給

15%程度

人事評価が3の職員

4号給

60%程度

人事評価が2の職員

3号給

20%程度

人事評価が1の職員

2号給

(欠勤等による号給数の調整)

第6条 欠勤等の日数の判定期間において、病気休暇、休職、私事欠勤、無届欠勤、遅刻及び早退の事由による欠勤等の日数がその判定期間毎に次の表に掲げる日数以上である場合の昇給の号給数は、その日数に応じて次の表に定める号給数とする。

 

判定期間

号給数

12月

9月以上

12月未満

6月以上

9月未満

6月未満

欠勤等の日数

48日以上

36日以上

24日以上

12日以上

3号給

74日以上

56日以上

37日以上

19日以上

2号給

100日以上

75日以上

50日以上

25日以上

1号給

126日以上

95日以上

63日以上

32日以上

昇給なし

2 前項に規定する欠勤等の日数は、次の表により換算した日数をもって同項の規定を適用する。

欠勤等の事由

病気休暇(結核性疾患以外の場合)

病気休暇(結核性疾患の場合)

休職

私事欠勤

無届欠勤

遅刻

早退

欠勤等の日数

1日

1日

1日

1日

1日

3回

3回

換算後の日数

1日

0.5日

1日

1.5日

2日

1日

1日

(処分による号給数の調整)

第7条 処分の判定期間において、処分(法第29条に規定する懲戒処分をいう。以下同じ。)がある場合の昇給の号給数は、第4条に規定する昇給の号給数(前条の規定の適用を受ける場合にあっては、同条の規定を適用して得られた昇給の号給数)から次の表に定める処分の区分に応じて同表に定める号給数を減じて得られる号給数とする。この場合において、当該減じて得られる号給数が0以下となるときは、昇給を行わない。

区分

号給数

戒告

2号給

減給

停職

3号給

(在職期間に応じた号給数の調整)

第8条 昇給日の属する年度の前年度における職員として在職した期間(以下「在職期間」という。)が12月に満たない場合の昇給の号給数は、第4条に規定する昇給の号給数(第6条又は前条の規定の適用を受ける場合にあっては、これらの規定を適用して得られる昇給の号給数)から次の表に定める在職期間に応じて同表に定める号給数を減じて得られる号給数とする。この場合において、当該減じて得られる昇給の号給数が0以下となるときは、昇給を行わない。

在職期間

号給数

9月以上12月未満

1号給

6月以上9月未満

2号給

3月以上6月未満

3号給

3月未満

4号給

(特別な場合の昇給の取扱い)

第9条 規則第22条に規定する昇給は、次の各号に掲げる場合に行うものとする。

(1) 職員が公務上の傷病又は通勤による傷病により退職する場合又は危篤に陥った場合

(2) 法第28条第1項第4号の規定に該当する理由又はこれに準ずる理由により退職する場合

(3) 人命救助その他の他の規範とするべき行為により表彰を受けた場合(任命権者が特に必要と認めた場合に限る。)

2 前項に規定する昇給の号給数は、4号給とする。

(一定年齢を超える職員の昇給の特例)

第10条 4月1日に55歳を超える職員の昇給に関する第4条から第6条までの規定の適用については、第4条中「4号給」とあるのは「零」と、第5条の表中「6号給」とあるのは「2号給」と、「5号給」とあるのは「1号給」と、「4号給」とあるのは「昇給なし」と、「3号給」とあるのは「昇給なし」と、「2号給」とあるのは「昇給なし」と、第6条第1項中「3号給」とあるのは「昇給なし」と、「2号給」とあるのは「昇給なし」と、「1号給」とあるのは「昇給なし」とする。

(休職中等の者の取扱い)

第11条 昇給日に休職中の者、結核休養中の者、育児休業中の者、停職中の者及び外国の地方公共団体の機関等に派遣される一般職の職員の処遇等に関する条例(平成6年東村山市条例第15号)第2条第1項の規定による派遣中の者については、復職し、又は再び勤務するに至った日に、決定された昇給の号給数を措置する。

附 則

この規程は、平成21年4月1日から施行し、平成22年4月1日以後の昇給について、適用する。

附 則(平成24年3月1日規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年4月1日規程第5号)

(施行期日)

1 この規程は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規程による改正後の東村山市職員の昇給に関する取扱規程の規定は、この規程の施行の日以後の昇給について、適用する。

附 則(平成27年3月31日規程第8号)

この規程は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月30日規程第5号)

この規程は、公布の日から施行する。ただし、第10条の改正規定は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月29日規程第5号)

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月31日規程第8号)

この規程は、令和2年4月1日から施行する。

東村山市職員の昇給に関する取扱規程

平成21年3月31日 規程第10号

(令和2年4月1日施行)