このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

公民連携地域プラットフォーム 過去のセミナー

更新日:2019年3月8日

セミナー概要

セミナー概要
日時 内容 参加者数
第1回 平成30年1月17日(水曜) 講演 公民連携について
   日本PFI・PPP協会理事長兼会長 植田 和男様
講演 今回実践した事柄と地元企業がPPPを行う為に「大切」だと感じたこと
   東栄電設株式会社 代表取締役 下條 繁 様
40
第2回 平成30年1月24日(水曜)  講演 サウンディング調査について
   日本PFI・PPP協会理事長兼会長 植田 和男様
31
第3回 平成30年2月14日(水曜) 講演 PFI手法等におけるバーチャル入札(落札者選定プロセス)概説
   日本PFI・PPP協会理事長兼会長 植田 和男様
ワークショップ
22
第4回 平成30年11月22日(木曜) 第1部 「東村山市と民間事業者との公民連携によるまちづくりに関する基本方針」について (説明 資産マネジメント課)
第2部 懇親会・名刺交換会 
21
第5回 平成30年12月13日(木曜) 講演 「市民協働」と「稼げる公園」(公園の公民連携事例)
   一般社団法人クレイドル 高井 譲様
パネルディスカッション 地域の事業者による公園行政への関わり
   一般社団法人クレイドル 高井 譲様
   日本PFI・PPP協会理事長兼会長 植田 和男様
   資産マネジメント課
17
第6回 平成31年2月8日(金曜) 講演 地域プレーヤーが主役のPPP
   株式会社長大 小林 章三様
講演 地域の民間事業者による自分事としてのまちづくり
   相羽建設株式会社 相羽 健太郎様
パネルディスカッション
   株式会社長大 小林 章三様
   相羽建設株式会社 相羽 健太郎様
   資産マネジメント課
26
第7回 平成31年2月25日(月曜) 講演 PPP(公民連携)の基礎を学ぶ
   東洋大学大学院 経済学研究科 公民連携専攻 難波 悠 准教授
35

セミナー内容

第7回

PPP(公民連携)に関する知識と技能を養成する日本で唯一の社会人大学院である東洋大学の先生を講師にお招きし、行政課題及びまちづくり全般に広く活用するため、PPPの基礎を学びました。

講演 PPP(公民連携)の基礎を学ぶ

東洋大学大学院 経済学研究科 公民連携専攻 難波 悠 准教授

東洋大学難波氏1

東洋大学難波氏2

第6回

お二人の講師をお迎えし、地域事業者の活動がどのようにまちづくりに関わるのか、地域事業者の活動がいかに重要なのかを、民間活動と公民連携の両面から学び、地域に根差した公民連携について、掘り下げていきました。

講演「地域プレーヤーが主役のPPP」 

小林 章三様 株式会社長大 事業推進本部PPP開発部 部長
総合建設企業にて不動産開発・PFI事業を担当。その後、不動産デベロッパー等を経て、2010年、株式会社長大入社。2011年より現職。
「地域密着型PPP/PFIの推進」を基本コンセプトに、地域企業と協働して官民連携事業に取り組む。

講演「地域の民間事業者による自分事としてのまちづくり」 

相羽 健太郎様 相羽建設株式会社代表取締役社長 
大学文系学部卒業後に一条工務店を経て1998年に相羽建設入社。建築家の故・永田昌民氏や伊礼智氏、家具デザイナーの小泉誠氏との協働をはじめ、建築業界や行政、地域との価値観に基づくつながりの中で「創発」が生まれるプロジェクトを多数進めている。東村山空き家対策協議委員。一般社団法人わざわ座理事。一般社団法人 木造施設協議会 代表理事。

パネルディスカッション

講師を交え、参加者とともにディスカッションし、学びを深めました。

長大小林氏

相羽建設相羽氏

第5回

講演 「市民協働」と「稼げる公園」

一般社団法人クレイドル 高井 譲 様 
都市公園法の改正により、規制緩和・公民連携など、大きなターニングポイントを迎えている公園行政。
平成30年3月までは西東京市で公務員として、現在は市民協働推進アドバイザー・公園利用&活用促進アドバイザーとして、公園行政に関わる高井譲様をお招きし、これから地域の事業機会となり得る「公民連携」で「稼げる公園」について、豊富な実践経験からのお話を伺いました。

パネルディスカッション

講師を交え、参加者とともにディスカッションし、学びを深めました。

第5回プラットフォーム写真1

第5回プラットフォーム写真2

第4回

「東村山市と民間事業者との公民連携によるまちづくりに関する基本方針」について

平成30年9月18日から10月9日まで、ホームページ等でご意見を募集した同基本方針(案)について、プラットフォームでもご意見を頂きました。同基本方針は、平成31年2月に公表しました。

東村山市と民間事業者との公民連携によるまちづくりに関する基本方針

セミナー風景1

セミナー風景2

第3回

第1部 講演:PFI手法等におけるバーチャル入札(落札者選定プロセス)概説
講師:特定非営利活動法人 日本PFI・PPP協会 会長兼理事長 植田 和男 様

公民がそれぞれの強みを活かし、最適な公共サービスを実現する公民連携事業で、どのように事業者が選定されるか概略を共有しました。

第2部 ワークショップ
他市で実際に公募された公民連携事例を題材に、異業種の参加者がグループをつくり、事業アイデアを考えました。
公民連携事業を企画する過程や企業間連携を疑似体験し、考え方について理解を深めました。

ワークショップ風景

ワークショップ風景

第2回

講演:サウンディング調査について
講師:特定非営利活動法人 日本PFI・PPP協会 会長兼理事長 植田 和男 様

近年、「サウンディング調査」と呼ばれる仕組みを活用し、積極的に民間事業者のみなさまからご提案を頂く例が増えてきています。
また、民間事業者ならではのノウハウやアイデアを活かした事業改善の提案を募集し、提案した民間事業者とともに取り組む事例も出てきています。
こうした事例を通じ、民間提案制度等の概要を学びました。

講演風景

第1回

第1部 講演:公民連携について
講師:特定非営利活動法人 日本PFI・PPP協会 会長兼理事長 植田 和男 様

行政と民間が、それぞれの強みを活かし、最適な公共サービスを実現する「公民連携」とはどのようなものか、東村山市の取り組みを通じて、概要を学びました。
また、民間の強みを活かし事業機会となり得る東村山市の行政課題も紹介しました。

第2部 講演:今回実践した事柄と地元企業がPPPを行う為に「大切」だと感じたこと
講師:東栄電設株式会社 代表取締役 下條 繁 様

公民連携が大手事業者だけでなく、市内事業者の事業機会となり得ることを事例紹介から学びました。
自らが東村山市の公民連携事業に主体的に関わった経験や講師のリアルな体験・想いを通じ、地元の事業者だからこそできる公民連携について、ご紹介いただきました。

第3部 講演:公民連携について(全国事例)
講師:特定非営利活動法人 日本PFI・PPP協会 会長兼理事長 植田 和男 様

全国の様々な自治体で、公共施設でバーベキューができる、図書館でコーヒーが飲めるなど、今までにないサービスが、公民連携で実現されています。
今までのサービスに付加価値を与え、相乗効果を得るという、行政と民間双方にとって優れた事業機会を生み出す事例を学びました。

講演風景

このページに関するお問い合わせ

経営政策部資産マネジメント課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 (東村山市役所本庁舎3階)
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2231~2233)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
経営政策部資産マネジメント課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る