このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

ごあいさつ

更新日:2011年2月15日

パートナーシップによる新世紀のまちづくり「緑あふれ、くらし輝く都市」を目指して

21世紀を目前に控えたいま、東村山市は、都市計画に関する基本的な方針「東村山市都市計画マスタープラン」を策定いたしました。都市計画マスタープランは、平成4年に一部改正された都市計画法に基づく、おおむね20年後までを目標とした、まちづくりの基本的・総合的・長期的な考え方をまとめた将来へのビジョンであり、「まちづくりの憲法」ともいえるものです。

将来の予測がつきにくい社会経済状況下、東村山市においても、少子高齢化、高度情報化など急激な変化の中で、地方分権の推進、市民生活や価値観の多様化に対応し、これまで以上にゆとりや心の豊かさが実感でき、いきいきとした主体性とともに自立したまちになることが強く求められてきています。特に、これからの東村山市が、いつまでも住みつづけたい、住んでみたいまちとして、誰もが安全に安心して暮らせるよう、土地利用、都市基盤整備、環境保全などの都市づくりを、市民、事業者とともに目指し、その実現に全力を傾注しているところであります。

こうした中で、東村山市では、多くの市民の参加のもと、策定委員会や検討小委員会における検討、また地域別市民懇談会や提案募集、シンポジウムの開催などを積み重ね、2000年から2020年までのまちづくり計画「東村山市都市計画マスタープラン」の策定を進めてまいりました。そしてこのたび、東村山市都市計画審議会の答申を受け、最終成果がまとまりましたので、ここに報告いたします。

本プランでは、これまでの都市計画に、地域福祉や教育などのソフト面を十分配慮しながら、新たな視点をもって検討がなされ、明日を創る子どもたちをはじめ、多くの市民、事業者から寄せられたまちづくりへの夢・意見・提案を反映しています。また、各分野におけるまちづくり方針の中では、それぞれに「市民の役割」「事業者の役割」「行政の役割」が明記され、三者が協力してまちづくりを進めるという基本的考えのもと、計画の実現化に向けた方策を示しています。 

市民参加による本プランづくりをきっかけに、今後、東村山市総合計画での整合と具現化を図りながら、この「東村山市都市計画マスタープラン」を新世紀の東村山らしいまちづくりへの架け橋として、将来都市像である「緑あふれ、くらし輝く都市」の実現を目指すとともに、パートナーシップで市民との協働による活力あるまちづくりを推進してまいりたいと考えております。 

本プランの策定にあたり、ご尽力いただきました策定委員会委員のみなさま、ならびに多くの貴重なご意見、ご提案をいただきました市民、事業者のみなさまに、心より感謝し厚くお礼申し上げます。 

平成12年(2000年)7月

東村山市長 細渕一男

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部都市計画課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111 (内線2711~2714)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
まちづくり部都市計画課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る