このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

多文化共生推進プラン/Multicultural Coexistence Promotion Planとは

更新日:2021年8月31日

多文化共生を取り巻く社会潮流や、国・都の新たな動向を踏まえ、新たな課題に対応するため、東村山市第2次多文化共生推進プランをつくりました。

(だい)3次多文化共生推進プラン(じたぶんかきょうせいすいしんぷらん) 策定(さくてい)に (かか)る 市民意識調査(しみんいしきちょうさ)の 実施(じっし)

()では (だい)2次多文化共生推進プラン(じたぶんかきょうせいすいしんぷらん)の 計画期間(けいかくきかん) 終了(しゅうりょう)に (ともな)い、(だい)3次多文化共生推進プラン(じたぶんかきょうせいすいしんぷらん)の 策定作業(さくていさぎょう)を (すす)めています。

計画策定(けいかくさくてい)の 基礎資料(きそしりょう)とするための 調査票(ちょうさひょう)を 8月下旬(がつげじゅん)に 郵送(ゆうそう)します。

協力(きょうりょく)を お(ねが)いします。

対象(たいしょう) (調査票(ちょうさひょう)が (とど)く (ひと)

市内在住(しないざいじゅう)の (まん)18歳以上(さいいじょう)の かた 2,300(めい) (日本人(にほんじん)1,000(めい) ・ 外国人(がいこくじん)1,300(めい) ・ 無作為抽出(むさくいちゅうしゅつ)

注記(ちゅうき)詳細(しょうさい)は 調査票(ちょうさひょう)を ご(らん)ください。

注記(ちゅうき)調査票(ちょうさひょう)は 無記名(むきめい)のため 個人情報(こじんじょうほう)が 報告書(ほうこくしょ)に ()ることは 一切(いっさい) ありません。

注記(ちゅうき))この記事(きじ)について 英語(えいご)中国語(ちゅうごくご)韓国(かんこく)朝鮮語(ちょうせんご)で 翻訳(ほんやく)したものが (した)に あります。

市民意識調査票(しみんいしきちょうさひょう)(とど)いた外国人市民(がいこくじんしみん)のかたへ

調査票(ちょうさひょう)データ(でーた)(した)にあります。(翻訳(ほんやく)アプリを使って、調査票(ちょうさひょう)内容(ないよう)調(しら)べる(とき)などに、ご利用(りよう)ください。)
(注記)手紙(てがみ)でお(おく)りした調査票(ちょうさひょう)内容(ないよう)(おな)じです。

第2次多文化共生推進プランの策定

東村山市多文化共生推進プランの期間終了に伴い、「東村山市第2次多文化共生推進プラン」を策定しました。

東村山市第2次多文化共生推進プラン

東村山市第2次多文化共生推進プラン【概要版】

(注記)年度(年)の表記について
 改元が行われたときは、本書に記載している「平成」の元号を用いた年度(年)の表記は、それぞれに対応する元号を用いた年度(年)を表すものとします。

東村山市第2次多文化共生推進プランのご意見募集の結果

第2次多文化共生推進プラン策定に係る市民意識調査結果報告

平成28年10月下旬から11月下旬にかけて市民意識調査を実施しました。

【調査対象】
市内在住の18歳以上のかた2,000名(日本人:1,000名、外国人:1,000名 無作為抽出による)

多文化共生推進プランの策定

東村山市多文化共生推進プラン

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

市民部市民相談・交流課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2552~2559)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
市民部市民相談・交流課のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る