このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 市政情報 の中の オリンピック・パラリンピック の中の ホストタウン交流事業 の中の 中国卓球代表チームの事前練習・市民との交流会を行いました のページです。


本文ここから

中国卓球代表チームの事前練習・市民との交流会を行いました

更新日:2019年11月26日

集合写真の画像
全体での集合写真

 令和元年11月1日に東村山市民スポーツセンターで中国卓球代表チームの事前練習・市民との交流会を行いました。

 中国卓球代表チームの参加者は、李隼(りしゅん)女子監督、王皓(おうこう)男子コーチ(オリンピック男子シングルス3大会連続銀メダル、2大会連続男子団体金メダルを獲得)、方博(ほうはく)選手(2016年世界選手権男子団体優勝)、劉丁碩(りゅうていせき)選手、朱雨玲(しゅうれい)選手(世界ランキング4位[令和元年11月現在]・2017年ワールドカップ女子シングルス優勝)、劉斐(りゅうひ)選手、スタッフの何瀟(かしょう)氏の7名で、選手同士による公開練習の後、交流会では子ども達との交流試合や来場者とのラリーなどを行い、来場いただいた約300名の市民の皆様と中国卓球代表チームとの交流が深まりました。参加者の皆さんからは『世界トップレベルの選手と直接ラリーができると思わなかったので嬉しかった』『とても緊張したが貴重な体験ができてよかった』等の感想をいただきました。その後、中国卓球代表チームは11月6日から10日に東京体育館で開催された「ITTFチームワールドカップ」に出場し、男女共に見事優勝を飾りました。

 市では今後も中国のホストタウンとしてスポーツや文化を通じた相互交流を実施して参ります。

スポーツセンター入口での画像
スポーツセンター入口にて

市民の皆さんによる歓迎の様子の画像
市民の皆さんによる歓迎

朱選手とのラリーの画像
朱選手とのラリー

中国代表選手に花束の贈呈の画像
中国代表選手に花束の贈呈

中国卓球代表チームが東村山市にやってきます

中国卓球代表チームが11月6日から10日に東京体育館で開催される「ITTFチームワールドカップ」に出場するために来日します。
このたび中国卓球代表チームの選手を東村山市にお招きし、事前練習および市民との交流を行う運びとなりましたので是非お越しください。

日時

11月1日(金曜) 午後3時から午後5時の予定(開場午後2時30分)

場所

東村山市民スポーツセンター(東村山市久米川町3丁目30番地5) 第1体育室

対象

事前申込不要でどなたでも参加いただけます。なお会場の定員により入場いただけない場合がございます。

参加選手

男子代表選手2名・女子代表選手2名・コーチ2名の予定

持ち物

上履き

注意事項

  • 中国卓球代表チームの都合によりキャンセル・変更となる場合がございます。
  • 来場の際は公共交通機関でお越しください。
  • 市ではイベントの記録や情報発信のために見学の様子を撮影し、公開を行う可能性がございます。予めご了承ください。

ポスターのダウンロード

関連情報

中国のホストタウンに決定しました

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

地域創生部東京2020オリンピック・パラリンピック推進課
〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2932)  ファックス:042-393-6846
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
地域創生部東京2020オリンピック・パラリンピック推進課のページへ

〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3(東村山市役所北庁舎1階)
電話:市役所代表:042-393-5111(内線2931・2932) ファックス:042-393-6846

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る