このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

多摩湖町の由来

更新日:2021年3月13日

多摩湖町

多摩湖町のイメージ

多摩湖町は、大字回田(めぐりた)の北部地域(字境・日向)にあたります。南・北境界とも狭山丘陵の尾根筋であり、狭山丘陵の谷あいにある地域となります。多摩湖(村山貯水池)に接する町であることから名付けられました。また、町内にある西武鉄道の「多摩湖駅」は、2021年3月12日まで、「西武遊園地駅」でした。西武園ゆうえんちのリニューアルオープンに伴い、西武鉄道の山口線の旧「遊園地西駅」が遊園地のメインゲートとなるため、こちらを「西武園ゆうえんち駅」に改称、旧「西武遊園地駅」は、町名や地 域の特徴過去などを総合的勘案し「多摩湖駅」へと改称されました。

  • 多摩湖駅は、1936年の開業当初、「村山貯水池駅」でした。戦時中、貯水池を攻撃目標とされるのを避けるため、「狭山公園前駅」へと改称されました。戦後、1951年に「多摩湖駅」へと改称され、さらに、1979年に「西武遊園地駅」へと改称されました。2021年3月13日に、かつての「多摩湖駅」へ駅名が戻った形になります。
  • 町内にある「西武園駅」も、開業当時(この時は現在の狭山公園事務所に近い場所にありました)は「村山貯水池前駅」で、戦時中に「狭山公園駅」に、さらに戦時中「不要不急線」となって休止され、戦後、運転再開して「村山貯水池駅」に改称。1950年、村山競輪場(現西武園競輪場)への輸送のため、「八国山たいけんの里」付近の野口信号場を設置して支線をつくり、現在の「西武園駅」が臨時に開設されました。しかし、翌年、支線の方の臨時の西武園駅を残し、本線の方の村山貯水池駅を廃止し、両駅を統合する形で、現在の形になりました。

 旧廻り田村の中でも「宅部(やけべ)」「下(しも)宅部」などとよばれていた地域で、多摩湖に沈んだ地域(東大和市域)とあわせて、中世の「宅部郷」の範囲であったようです。下宅部遺跡や瓦塔出土地があるなど、縄文・古代から人の活動がさかんな地域でした。
 大正5年(1916)から村山貯水池の工事がはじまり、昭和2年(1927)に完成すると都心から日帰りで行楽可能な観光地として大いに賑わいを見せました。多くの観光客を輸送するため、多摩湖鉄道の「村山貯水池駅」(現「多摩湖駅」)、旧西武鉄道の「村山貯水池前駅」(現「西武園駅」)、武蔵野鉄道の「村山貯水池際駅」(現「西武球場前駅」、当初は「村山公園駅」)と村山貯水池の名前が入った駅が3つも開業するほどでした。
 現在の多摩湖駅東方にはかつて村山射撃場があり、昭和34年に国民体育大会東京大会のクレー射撃部門が開催されました。

 多摩湖に隣接する狭山公園は、四季折々の美しい自然に 恵まれ、市民の憩いの場となっています。特に桜の時期は 美しく、都内でも有数の桜の名所となっています。

このページに関するお問い合わせ

教育部ふるさと歴史館
〒189-0021 東村山市諏訪町1丁目6番地3
電話:直通:042-396-3800  ファックス:042-396-7600
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部ふるさと歴史館のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る