メニュー

【音声読み上げ対応】グリーンバスの時刻表・運賃

こちらは、音声読み上げ対応のページです。

各路線の時刻表

グリーンバスの運賃をお知らせします

運賃は、現金・回数券・1日乗車券・パスモやスイカなどのICカードでお支払いください。
中学生以上のかたは、現金180円、回数券180円分、ICカード178円です。
障害者手帳をお持ちの中学生以上のかたは、現金90円、回数券90円、ICカード89円です。
小学生は、現金90円、回数券90円、ICカード89円です。
障害者手帳をお持ちの小学生は、現金50円、ICカード45円です。回数券はありません。
未就学児は保護者1名当たり2名まで無料です。3名からは小学生と同額の運賃がかかります。
グリーンバスの運賃箱はおつりが出ますので、1,000円札までの両替は必要ありません。

障害をお持ちのかたの割引運賃適用について

障害をお持ちのかたは、運賃を支払う前に障害者手帳の原本を提示していただくか、スマートフォン向け障害者手帳「ミライロID」のアプリ画面を提示していただくことにより、割引運賃が適用されます。
障害の種類・等級は問いません。

介護人の割引運賃適用について

介護人の割引については、手帳の等級表、旅客運賃減額欄に、1級で第1種の記載がある場合か、1級で第2種で要介護の記載がある場合、写真付き精神障害者手帳は、介護が必要という証明を提示した場合のみ、介護人1名に割引運賃が適用されます。

回数券について

12枚つづりの90円回数券がバス車内で1,000円で購入できますので、運転手にお声がけください。どなたでも購入できますので障害者手帳の提示は必要ありません。回数券で乗車する場合はおつりをお戻しできません。

1日乗車券について

グリーンバス全線を1日自由に乗り降りできる1日乗車券が、バス車内で500円で購入できますので運転手にお声がけください。

ICカードでご利用のかたへ

グリーンバスではICカードがご利用いただけます。
バス車内で1,000円札のみICカードのチャージができますので、運転手にお声がけください。
バス利用特典サービスのポイント付与は令和3年3月31日をもって終了いたしました。

東京都シルバーパスについて

グリーンバスでは東京都シルバーパスは使えません。

子どもの長期休暇割引について

子どもの長期休暇割引期間中の運賃は、小学生が現金50円、障害者手帳をお持ちの小学生は現金30円です。
現金以外でのお支払いの場合は、通常運賃となりますのでご注意ください。

令和3年度の子ども長期休暇割引期間について、
ゴールデンウイークは、令和3年4月29日(木曜)から令和3年5月5日(水曜)まで、
夏休みは令和3年7月24日(土曜)から令和3年8月31日(火曜)まで、
冬休みは令和3年12月25日(土曜)から令和4年1月10日(月曜)まで、
春休みは令和4年3月26日(土曜)から令和4年4月5日(火曜)までです。
期間は前後する場合があります。

「運賃・距離内容」について

グリーンバスの「運賃・距離内容」を公共交通課で発行しています。
手数料は無料です。
現在、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から「運賃・距離内容」を郵送しております。ご希望のかたは公共交通課に電話等でお問い合わせください。

グリーンバス運賃の改定について

 市では「東村山市地域公共交通会議」を通じて、コミュニティバス運行事業、その他の公共交通に関する必要な事項について協議するとともに合意形成を図り、市民の公共交通の利便の確保及び向上に努めています。
 地域公共交通会議でまとめられた「グリーンバスの運賃」や「利用者サービス」の考え方を踏まえ、市では、グリーンバスの運賃等を平成26年6月1日から、改定時の多摩地域における路線バスの初乗り運賃と同額に改定しました。
 なお、運賃改定に伴い全路線でパスモやスイカなどのICカードが利用できるようになりました。また、回数券も引き続き利用できます。

地域公共交通会議としての考え方

 グリーンバスは、民間路線バスを補完し、市内の交通空白・不便地域における日常生活に必要な移動手段を確保するものであり、誰もが利用できる市内公共交通網の一つを担っています。また、グリーンバスの運行に必要な経費には、市からの補助金が交付されていることからも、利用者が負担する運賃の公平性も必要と考えられます。
 このため、市内の民間路線バスと同程度の運賃とすることが望ましく、このことによって収支率の改善を期待することができるとともに、持続可能な公共交通の実現につながるものと考えられます。

よくある質問