メニュー

雨水貯留・浸透施設等設置助成制度について

更新日:2021年9月30日

 市では、雨水流出を抑制し、浸水被害の防止を図るとともに雨水の浸透による地下水のかん養その他自然環境の保全及び回復に資することを

目的とした雨水貯留・浸透施設設置助成をしています。この度、雨水貯留(タンク)・浸透施設の設置を促進するために、規則を一部改正しました。

1.前川流域雨水流出重点地域の助成金額の特例の期間を令和7年度末まで延伸します!

 市では、溢水を繰り返す前川流域を「雨水流出抑制重点地域」(以下、重点地域といいます。)に指定し、

令和8年3月31日まで助成率及び助成額を延伸します。

2.雨水貯留槽(タンク)設置助成を市内全域に拡大します!

 これまでは、浸透施設設置不適地のみ助成対象でしたが、令和3年度より市内全域で雨水貯留槽設置助成を開始します。

(注記)市街化調整区域を除く

3.助成金額の上限額・標準工事単価を改定します!

助成金額の上限額
  改正前 改正後
重点地域

10万円

雨水貯留槽(タンク) 13万円
浸透ます・浸透トレンチ 15万円 

重点地域外

7万円

全て 12万円

(注記)お住まいの地域によって助成の対象となる施設が異なります。

標準工事単価の改定
種別 規格 改正前 改正後
浸透ます Φ250mm 24,200円/個 39,600円/個
Φ300mm 30,500円/個 48,400円/個
浸透トレンチ管 Φ100mm 11,700円/m 15,400円/m
Φ150mm 17,900円/m 27,500円/m

雨水貯留槽(タンク)
(注記)標準的な貯留槽の場合1基当たり

112,200円/基 144,100円/基

(注記) 助成金額は、標準工事単価の必要量を乗じて得た額の4分の3(重点地域は10分の9)に相当する額となります。(1000円未満の端数は切捨て)ただし、上限額があります。

4.維持管理に関する協定書の追加

 設置した雨水浸透・貯留施設(タンク)の保守点検及び清掃を定期的に行い、機能を正常に保つよう、市と申請者で協定書を締結させていただきます。

5.雨水貯留・浸透施設設置助成制度手続の流れ

東村山指定下水道工事店へ申し込み・申請書の提出  現地確認・審査交付の決定 → 工事の実施・完了届の提出 →

完了検査 → 請求書・維持管理協定書の提出 → 助成金交付・維持管理協定書締結

雨水貯留・浸透施設設置助成のパンフレットです。

雨水貯留・浸透施設設置助成のチラシです。

前川流域の詳細については、下水道課までお問い合わせください。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部下水道課

〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 本庁舎4階

  • 電話:市役所代表:042-393-5111(内線 庶務係:2782 施設係:2783・2784)
  • ファックス:042-393-6846

この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)

まちづくり部下水道課のページへ