メニュー

第38回駅前放置自転車クリーンキャンペーン

更新日:2021年9月29日

令和3年10月22日(金曜)から31日(日曜)

 放置された自転車や原動機付自転車は、まちの景観を損なうだけでなく、歩行者や緊急車両の通行を妨げる大きな社会問題となっています。 
 キャンペーン期間中は、関係機関の協力を得て、放置禁止の啓発活動などを行います。この機会に改めて放置自転車について考えましょう。

「自転車の 代わりに置こう 思いやり」

取り組み

この機会に改めて放置自転車問題について考えましょう

 市では、駅周辺の放置自転車対策として、駅前の巡回、放置自転車等の撤去や移送、保管所での撤去自転車管理業務等を行っています。

放置自転車は撤去します

  放置自転車とは「自転車駐輪場以外の場所に置かれ、利用者が直ちに移動することができない状態」と定義されており、放置した時間の長さや放置の理由に関わらず、利用者が「その場を離れた時点」で放置自転車とみなされます。
 道路・駅前広場等公共の場所に放置された自転車等は警告し、その後も放置されている場合は撤去します。
 撤去自転車等を引き取る際には、撤去・保管手数料がかかります。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部交通課

〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3 本庁舎4階

  • 電話:042-393-5111(内線:2732~2734)
  • ファックス:042-393-6846

この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)

まちづくり部交通課のページへ