メニュー

都市計画道路3・4・27号線整備事業

更新日:2020年8月18日

 当該路線は、東村山駅東口を起点とし、秋津駅南口へつながる道路です。『東村山市総合計画』及び『都市計画マスタープラン』において、本市のシンボルロードとして位置づけていることから、両駅の連結によるまちの骨格づくりを計画的に推進し、優先的な整備を行っています。現在は、東村山駅東口から野行通りまで開通しています。商業や業務機能など本市の都市機能を高め、まちづくりの効果を拡大する事を目標とします。

  • 【総延長】 約3,560メートル
  • 【幅員】 20メートル及び16メートル

基本方針

  1. 市の中でも中心核となる「東村山駅周辺」と「秋津駅及び新秋津駅周辺」を結ぶ「シンボル軸」を定義し、象徴的な軸線の形成を図ります。
  2. 断面構成(例えば、車道・歩道・植栽帯等のあり方)や沿道空間づくり等に、特徴をもたせていきます。
  3. 歩行者にとって安全で快適であるように整備していきます。
  4. 防災面では、延焼遮断機能の向上を図るだけではなく、災害時における避難路及び緊急輸送路としての役割を担います。

これまでの経過

昭和37年

  • 都市計画決定

昭和46年

  • 東村山駅東口交通広場供用開始

昭和54年

  • 都道立川所沢線(府中街道)から市道第357号線1まで供用開始

平成17年

  • 市道第357号線1から市道第417号線1(市民スポーツセンター先)まで供用開始

令和元年

  • 市道第417号線1(市民スポーツセンター先)から市道第447号線1(野行通り)まで供用開始

   詳細につきましては、下記リンク先のページをご覧ください。

関連情報

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部まちづくり推進課

〒189-8501 東村山市本町1丁目2番地3

  • 電話:市役所代表:042-393-5111 (内線2792・2793)
  • ファックス:042-393-6846

この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)

まちづくり部まちづくり推進課のページへ