メニュー

東村山ふるさと歴史館

東村山ふるさと歴史館リーフレット
住所 東村山市諏訪町1丁目6番地3、電話 042-396-3800

はっく君
交通 東村山駅西口より徒歩8分

重要なお知らせ

【ふるさと歴史館外壁等改修工事について】

ふるさと歴史館では屋上防水・外壁等改修工事を行います。工事に伴い、騒音・振動等が発生することがあります。ご理解、ご協力をお願いします。
工事日程等詳細は決定次第、市ホームページでお知らせします。

  • 工事期間 令和3年8月上旬から令和4年1月下旬
  • 現場事務所設置 令和3年8月2日(月曜)
  • 植栽撤去作業 令和3年8月16日(月曜)から8月19日(木曜)
  • 仮設足場設置(第1期) 令和3年8月24日(火曜)から9月8日(水曜)
  • 外壁調査 令和3年9月10日(金曜)から9月13日(月曜)

外壁工事写真
 東村山ふるさと歴史館は現在、外壁等改修工事の為ご覧のような外観になっていますが、月・火曜日等の休館日以外は通常開館しております。

【新型コロナウイルス感染症対策について】

  • 東村山ふるさと歴史館は、令和3年7月12日(月曜)の緊急事態宣言の発令に伴い、引き続き新型コロナウイルス感染症の対策を講じて開館します。開館時間の短縮は行いません。
  • 東村山ふるさと歴史館の研修室・視聴覚室は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から当面の間、定員の半数の利用に制限いたします。皆様のご理解ご協力をお願いします。

主な予防対策とお願い

  • 平熱以上の発熱のある方、咳こんでしまう方等、体調のすぐれない方は、ご来館せず、お体を大事になさってください。
  • 入館時、消毒液による手指の消毒、検温にご協力ください。
  • マスクを着用しての入館をお願いします。
  • 館内では、「密閉・密集・密接」のいわゆる「3密」を避け、ソーシャル・ディスタンス(2メートル以上)の確保を心がけてください。
  • 「3密」を避けるため、館内換気を徹底いたします。
  • 「3密」を避けることができないほどのご来館者数のある場合は、入館人数制限や、展示室の入場人数制限を行います。
  • 利用者端末や図書等、普段、不特定多数の方が触れるものに関しては、ご利用できません。
  • その他、予防対策について上記以外にもお願いする場合がありますので、感染拡大防止の為、職員の指示に従っていただきますようお願いします。
  • これらの予防対策にご協力いただけない場合は、他の入館者の安全の為、入館をお断りする場合があります。

 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

地域サービス窓口

地域サービス窓口は、通常と変わりなく、毎週水曜日午前9時30分から午後4時まで行っております。
【注記】祝日、臨時休館日を除きます。

「下宅部遺跡出土品」国重要文化財指定

令和2年3月19日に国の文化審議会から文部科学大臣に答申が出され、市内多摩湖町から発見された下宅部遺跡の出土品が、令和2年9月30日に国の重要文化財に指定されました。

新着イベントのお知らせ

 東村山市の無形民俗文化財である「まつりばやし」は、市内6つの地域で保存・継承されています。東村山市民産業まつりでは、この6つの祭囃子が一堂に会し、大いに盛り上がりを見せます。しかし、昨年に引き続き、今年度も新型コロナウイルス感染症の関係で残念ながら市民産業まつりが中止となり、「山車と神輿・大太鼓の競演」もなくなりました。楽しみにしていた皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。
期日:令和3年11月14日(日曜)中止
場所:東村山市役所前インディペンデンス通り

新刊案内

『東村山市史研究』第30号が刊行されました(頒布価格500円)。東村山ふるさと歴史館窓口、東村山市役所1階情報コーナーにて頒布しております。

常設展示室にて配布を行っているワークシート「古文書にチャレンジ!」のバックナンバーをダウンロードできます。ぜひご自宅でも、古文書に挑戦してみてください。

 「東京都下宅部遺跡出土品」が重要文化財に指定されたことを記念した特別展の図録です。頒布価格200円です。東村山ふるさと歴史館窓口、東村山市役所1階情報コーナーにて頒布しております。送料をご負担いただければ、郵送もいたします(必ず事前に電話で当館へ在庫の確認をしてください)。詳細は頒布案内をご覧ください。

メニュー