このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで
現在のページ

トップページ の中の 【たのしむらやま】東村山の楽しみ方 の中の 歴史・文化を学ぶ の中の 東村山ふるさと歴史館 の中の ふるさと歴史館事業一覧 の中の 歴史館体験事業 の中の 夏休み自由研究のたね -東村山を知ろうー 付随事業「モールス通信を知ろう!」(終了いたしました) のページです。


本文ここから

夏休み自由研究のたね -東村山を知ろうー 付随事業「モールス通信を知ろう!」(終了いたしました)

更新日:2018年9月8日

モールス通信を知ろう! あらまし

この夏、モールス通信について知って、モールス博士になろう!

  • モールスってそもそもなに?

 モールス通信の「モールス」とは、「サミュエル・フィンリー・ブリーズ・モールス(1791~1872)」というアメリカ人の名前からきています。彼が開発した通信を、モールス通信と言うのです。

  • それで、いつできたの?

 モールスは1837年に特許を出願し、40年に取得、44年にはワシントン~ボルチモア間の電信に成功しています。

  • モールスってすごいの?

 モールス通信は電気を利用した通信、つまり電信でして、これ以前にも電信はありはしましたが、世界に広まり、多くの人が使った電信としては、モールスが最初でした。電信ができるまでの通信は、早馬を使ったり、手旗信号を使ったり、といった、かなりタイムラグが生じ、また、手間がかかるものでした。しかし、電信は遠くの地であっても、電気を通す線がつながってさえいれば、ほとんどタイムラグなしに、双方向で通信ができます。まさに情報革命でした。

 そんなモールス通信について、もっと知ってみたいと思いませんか?
 ぜひみんなといっしょに、モールス通信について、調べてみよう!

 当日は、70年以上前にモールス通信で使用されていた、「印字機」を実際に動かします!

陸軍少年通信兵學校
陸軍少年通信兵學校での授業の様子

 東村山には、かつて陸軍少年通信兵学校がありました。現在の第一中学校とその周辺一帯が校地でした。全国から優秀な少年たちがここ東村山に集まり、懸命に勉学に励みました。
 卒業後は戦地へ配属されました。残念ながら、全員が戦地から復員できたわけではなく、また、戦地に赴く途中で海に散っていった少年たちもいました。
 モールス通信を通して、平和の大切さをみなさんで感じられればと思います。

実施要項(終了いたしました。ご参加ありがとうございました)

  • 開催日時

   8月12日(日曜) 午前10時30分から正午まで

  • 参加費用

   無料

  • 事前申込

7月19日木曜日午前9時30分より、電話:042-396-3800、直接歴史館窓口、電子申請のいずれかで申し込みを受け付けます。先着順で、募集人員に達し次第、締め切りとなります。

  • 募集人員

   20名(先着順)

関連情報

企画展「陸軍少年通信兵学校」

平成20年度に行なわれた企画展です。

このページに関するお問い合わせ

教育部ふるさと歴史館
〒189-0021 東村山市諏訪町1丁目6番地3
電話:直通:042-396-3800  ファックス:042-396-7600
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部ふるさと歴史館のページへ

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る