このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

終戦70年企画展「東村山地域をめぐる銃後と前線」

更新日:2015年8月5日

東村山ふるさと歴史館リーフレット
住所 東村山市諏訪町1丁目6番地3、電話 042-396-3800

はっくくん
交通 東村山駅より徒歩8分

東村山ふるさと歴史館

展示案内 会期 平成27年7月11日 (土曜)から8月30日(日曜)  入場無料

 2015年(平成27)は第二次世界大戦が終結した1945年(昭和20)から70年の節目にあたり、全国各地で戦争に関する展示が開催され、メディアにも戦争中のできごとが広く紹介されています。当館もこうした動きに合わせて終戦70年企画展を開催し、戦争について語り継いでいきます。
 戦時中の東村山には、陸軍少年通信兵学校(東京陸軍少年通信兵学校)があり、その跡地は市指定旧跡になっています。また、役場が担った徴兵・動員業務に関わる「兵事関係書類」が焼却されずに残されており、これは全国でも数少ない貴重な資料です。今回の展示では「銃後(じゅうご)」と「前線(ぜんせん)」という対立する言葉で、東村山の戦争を概観することを試みます。1938年の国家総動員法のもと、東村山地域は近郊農村であることから、都市への食糧供給などを行なう「銃後」で、1944年の学童疎開促進要綱などにもとづき疎開を受入れる地域のはずでした。一方で、1937年に勃発した日中全面戦争が泥沼化し、1941年に勃発した太平洋戦争でアメリカ・イギリスなどとも戦端が開かれると、1940年代から東村山周辺地域には軍事関係施設が広がるようになりました。さらに、戦争末期の1945年に硫黄島や沖縄を失うなど戦局が悪化すると、東村山地域にも軍隊が駐屯して本土決戦に備え、空襲によって多くの住民が亡くなり、米軍のB29爆撃機も墜落して搭乗員が戦死するという、東村山地域が「前線」となっていく厳しい時代がうかがえます。
 当館は、過去にも戦争関係の企画展を行なってきましたが、その際に紹介しきれなかった収蔵資料を今回の展示では主に展示します。展示を通じ、戦争の「記憶」を「記録」にとどめていく行為の大切さを伝えていきます。

1.銃後としての東村山
 疎開の受入れ/銃後の生活
  資料紹介―統制陶磁器
2.東村山出身の兵士
 出征と帰還/兵事関係書類
  資料紹介―出征・除隊等の記念杯
3.前線となった東村山
 東村山の空襲/東村山地域の軍関係施設/歩兵第503聯隊(れんたい)の駐屯
  資料紹介―警防関係書類綴

出征兵士に送られた勤労奉仕の写真(1938年)
出征兵士に送られた勤労奉仕の写真(1938年)

梅岩寺学寮付近に投下された不発弾の処理の写真(1974年)
梅岩寺学寮付近に投下された不発弾の処理の写真(1974年)

会期 平成27年7月11日 (土曜)から8月30日(日曜)まで

開催時間 午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)

企画展示開催中の休館日 毎週月曜日・火曜日休館(但し、7月20日(月曜・祝日)は開館し、7月22日(水曜)は休館)

交通 西武鉄道東村山駅より徒歩8分

駐車場は3台分のため、公共交通機関をご利用ください。

ふるさと歴史館施設・窓口案内

企画展「あの日々の記憶―東村山の空襲と学童疎開―」(平成19年度)

企画展「陸軍少年通信兵学校」(平成20年度)

企画展「町の記録が語る戦時中の東村山」

紙芝居と映画の会

終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

  • 日時/平成27年7月18日(土曜)午後2時から4時まで(午後1時30分会場)
  • 内容/

紙芝居「南秋津の平和観音」―東村山に墜落したB29および平和観音についての紙芝居を上演します。
映画「お茶の水学童集団疎開の記録」―東村山の久米川疎開学園(現お茶の水女子大学郊外園など)に疎開していた児童たちの映画を上映します。

  • (注記)B29が墜落した畑の持ち主小俣権次郎氏は、米兵を丁寧に弔い、平和観音建立を目指した途中で亡くなりました。その遺志を継いだ息子の小俣権太郎氏・光明氏は平和観音建立を果たし、さらに米兵の遺族捜しに全力を尽くしました。
  • 紙芝居語り/大井芳文氏(東村山郷土研究会会長)
  • 解説/高野宏峰(当館職員)
  • 参加費/無料  
  • 定員/80名(先着)
  • 申込みほか/参加自由

講演会「金属の供出と代用品の出現」

終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

  • 日時/平成27月8月2日(日曜)午後2時から4時まで(午後1時30分開場)
  • 講師/古橋研一氏(郷土史家)
  • 内容/戦争遂行のために、街から金属が消えて代用品が出現しました。戦時下の国民生活から平和を考えます。
  • 定員/50名(先着)
  • 参加費/200円(資料代)
  • 申込み/7月4日(土曜)午前9時30分から電子申請、電話又は直接ふるさと歴史館へ

講演会「東村山地域をめぐる銃後と前線」

  • 日時/平成27月8月8日(土曜)午後2時から午後4時まで(午後1時30分開場)
  • 講師/高野宏峰(当館職員)
  • 内容/戦争が激しくなると東村山地域に軍事施設が広がり、軍隊が駐屯するようになりました。その変化を見ていきます。
  • 定員/50名(先着)
  • 参加費/100円(資料代)
  • 申込み/7月4日(土曜)午前9時30分から電子申請、電話又は直接ふるさと歴史館へ

展示図録「東村山地域をめぐる銃後と前線」

図録「東村山地域をめぐる銃後と前線」
図録「東村山地域をめぐる銃後と前線」

判型・頁/A4判、本文32頁(フルカラー)
頒布価格/200円
郵送頒布/頒布案内を参照ください。
【もくじ】
はじめに
銃後としての東村山
 資料紹介―統制陶磁器
 銃後の生活
 疎開の受入れ
東村山出身の兵士
 資料紹介―出征・除隊等の記念杯
 出征と帰還
 兵事関係書類
前線となった東村山
 資料紹介―警防関係書類綴
 東村山の空襲
 東村山地域の軍関係施設
 歩兵第503聯隊の化成国民学校駐屯
年表

関連情報

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

教育部ふるさと歴史館
〒189-0021 東村山市諏訪町1丁目6番地3
電話:直通:042-396-3800  ファックス:042-396-7600
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部ふるさと歴史館のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る