このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

考古学ってなに?―土の中の昔のくらし―

更新日:2011年2月15日

会期:平成13年10月16日(火曜)から平成14年5月26日(日曜)

竪穴住居

東村山市には大きな成果を挙げている下宅部遺跡をはじめ、多くの遺跡があります。
これらの遺跡は、どのような方法で調査され、その結果、過去の人々のくらしがどのように復元されるのでしょうか。これらのことについて、触れる・体感できる体験展示で紹介します。

開催時間:午前9時30分から午後5時
月曜・年末年始(12月27日から1月5日)休館
※入場無料

第1コーナー 考古学とは

 土の中から見つかる土器や石器、住居跡が、なぜいつの時代のものかわかるのか、そして、これらの作り方や使われ方がどのようなものなのか、などを明らかにする発掘・整理・研究などの考古学の方法を紹介します。

第2コーナー 縄文時代の生活 

 調査の結果、どのようなことがわかるのかを、縄文時代の住居跡を復元するなど、当時の衣・食・住について、わかりやすく展示します。

講演 

考古学や縄文時代の生活についての第一人者である研究者の方々をお招きし、お話しいただきます。

  1. 「木造の道具や施設からみた縄文人の生活」
    12月2日(日曜)14から16時 講師:山田昌久氏(東京都立大学助教授)
  2. 「縄文時代の土器と生業」
    12月8日(土曜)14から16時 講師:阿部芳郎氏(明治大学助教授)
  3. 「縄文人からのメッセージ-遺跡の保存と活用を通して-」
    12月16日(日曜)14から16時 講師:大竹幸恵氏(長野県長門町教育委員会)

講演参加申込みは、11月20日(火曜)午前9時30分から電話または直接歴史館へ
(各定員100名)

講座 

縄文人になってみよう!

  1. 土器・土笛・土偶をつくってみよう
    2月3日(日曜)申込み1月22日(火曜)から
  2. 縄文食をつくって食べよう
    3月10日(日曜)申込み2月19日(火曜)から
  3. 縄文人形をつくってみよう
    3月24日(日曜)申込み3月19日(火曜)から
  4. 石器をつくってみよう
    5月12日(日曜)申込み5月7日(火曜)から

申込みは、各講座申込み日の午前9時30分から電話または窓口で受け付け
(各定員20名、無料、13時半から16時)

展示説明 

歴史館職員による展示開設を行います。

5月26日までの毎週日曜日、午後1時30分から3時30分

※ 駐車場がありません。お車での来館はご遠慮ください。

このページに関するお問い合わせ

教育部ふるさと歴史館
〒189-0021 東村山市諏訪町1丁目6番地3
電話:直通:042-396-3800  ファックス:042-396-7600
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部ふるさと歴史館のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る