このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

繭と糸~養蚕と機織の道具と信仰~

更新日:2011年2月15日

会期:平成14年10月8日から平成14年12月8日

養蚕と機織についての展示写真

明治大正期の東村山には桑畑がひろがり、夜遅くまで機織のトンカラリンという音がこだましていました。その当時に使われていた道具たちが、現在では館に多く収蔵されています。
今回の展示では、養蚕と機織に使われていた道具の中から特に、「繭と糸」に焦点をあてて展示しています。どんな風に使われていたのだろうと思いを馳せながら、ご覧下さい。 また、今回特別に市内八坂神社に合祀されている蚕影山神社の御神体(蚕の神様)や、鼠除けの御札「新田猫絵」(群馬県立歴史博物館所蔵)を展示しています。

特別展講演会

「糸機の道 ―その技術と道具たち―」

10月26日(土曜)午後2時から4時
講師:宮本八惠子氏(埼玉県文化財保護審議会委員)
申込:10月8日(火曜)午前9時30分から電話で
* 所沢市山口民俗資料館で、現在では廃れてしまった所沢飛白の復元をされています

機織体験事業

(1) 10月19日(土曜) (2) 11月30日(土曜)
* 両日とも、午前10時から午後2時ただし、正午から1時は休憩。
** 自由参加

織物見学ツアー 

見学地:村山織物協同組合、山口民俗資料館
内容:村山大島紬の資料を村山織物協同組合で見学し、山口民俗資料館で飛白体験をします。
市バスで移動します。弁当持参。
日時:11月17日(日曜)午前9時30分から午後4時
申込:11月5日(火曜)午前9時30分から電話で
※ 駐車場がありません。お車での来館はご遠慮ください。

このページに関するお問い合わせ

教育部ふるさと歴史館
〒189-0021 東村山市諏訪町1丁目6番地3
電話:直通:042-396-3800  ファックス:042-396-7600
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部ふるさと歴史館のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る