このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

けいてつ協会・せんろ商會プロデュース トロッコ鉄道展

更新日:2011年2月15日

東村山ふるさと歴史館リーフレット

はっくくん

展示案内 会期:平成17年7月24日(日曜)から9月4日(日曜)

トロッコ鉄道展ポスター

東村山ふるさと歴史館では夏の企画展として、「けいてつ協会・せんろ商會プロデュース トロッコ鉄道展」を開催いたします。鉄道保存ボランティア団体の「けいてつ協会」全面協力により、各地の軽便鉄道・トロッコ鉄道保存活動の取り組みの様子から、会員によるフルスクラッチのGゲージ鉄道模型、世界各地のトロッコ画像などが展示されます。また、けいてつ協会の事業部として独立した「せんろ商會」からは、実物の「自家用トロッコ」や、これまでに出版された出版物などを展示いたします。

トロッコ鉄道って?

東村山軽便軌條
東村山軽便軌條

芥川龍之介の名作「トロッコ」でもおなじみのトロッコとは、本来は土砂などを運搬する車両を指します。東村山では、かつて村山貯水池(多摩湖)を造る際に、東村山駅前から貯水池内まで、小さなトロッコ鉄道がひかれ、蒸気機関車が資材を運んでいました。こうした工事や、木材、鉱石など様々なものの運搬にトロッコは活躍してきました。また村山貯水池工事のトロッコ鉄道は「東村山軽便軌條(けいべんきじょう)(東京市軽便鉄道)」と呼ばれていました。軽便鉄道とは、その多くが現在のJR線より線路幅が狭い、いわゆるナローゲージです。かつてはそんな軽便鉄道が全国各地で見られ、その小さくて愛らしい姿は、地域密着型の鉄道として愛されましたが、現在ではほとんどが姿を消してしまいました。 本展示では、こうしたトロッコ=軽便鉄道=ナローゲージたちを「トロッコ鉄道」として紹介していきます。

トロッコ鉄道展の展示風景
トロッコ鉄道展の展示風景

開催時間:午前9時30分から午後5時
(入館は午後4時30分まで) 月曜休館 ※入場無料

主な展示内容

トロッコ鉄道の世界

  • トロッコとは?
  • 軽便鉄道ってなに?
  • 村山・山口貯水池を造ったトロッコ鉄道たち
  • 日本のトロッコ鉄道たち
  • 世界のトロッコ鉄道たち

けいてつ協会の活動

せんろ商會の御案内

イベント

つくって走らせよう! ~トロッコ鉄道ペーパークラフト~

日時:2005年7月30日(土曜)10時から15時
日時:2005年8月27日(土曜)10時から16時(れきしかん夏まつり)
場所:東村山ふるさと歴史館
*いつ来てつくってもかまいません

講演会「トロッコ鉄道の保存」

風の高原鉄道
【写真:風の高原鉄道】

講師:岡本憲之 氏 (けいてつ協会代表)
日時:2005年8月7日(日曜)14時から16時
場所:東村山ふるさと歴史館 視聴覚室
定員:80名(先着順)
※開場13時30分

※ 駐車場が少ないので、お車での来館はご遠慮ください。

このページに関するお問い合わせ

教育部ふるさと歴史館
〒189-0021 東村山市諏訪町1丁目6番地3
電話:直通:042-396-3800  ファックス:042-396-7600
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部ふるさと歴史館のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る