このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

企画展 「湖郷」―狭山丘陵の湖「多摩湖」「狭山湖」をめぐる5つの話―

更新日:2014年12月21日

東村山ふるさと歴史館リーフレット
住所 東村山市諏訪町1丁目6番地3、電話 042-396-3800

はっくくん

展示案内 会期 平成22年7月17日 (土曜)から9月12日(日曜)  (注記)入場無料

村山下貯水池絵葉書
村山下貯水池絵葉書

東村山市の北西部にある狭山丘陵にある村山貯水池とその北側に隣接する山口貯水池は、私たちには馴染み深い場所ですが、貯水池が建設された経緯やその歴史を知る人は多くありません。 昨年、提体強化工事が終了して、新しく生まれ変わった「多摩湖」「狭山湖」は、より一層人々に親しまれる場所となりました。今回、提体補強工事によって注目された両貯水池の歴史を振り返るとともに、貯水池工事以前には、その谷に生活していた人々がいたことや、貯水池ができ、周辺が観光地になり近郊からたくさんの人が訪れたことなどを多くの皆さんに紹介したく、この展示「湖郷―狭山丘陵の湖「多摩湖」「狭山湖」の5つの話」を企画致しました。湖と故郷をかけた私たちの造語です。今までもそしてこれからも大切な故郷として「多摩湖」「狭山湖」を愛してほしいという希望でもあります。

 今回の展示は、歴史的流れに沿って、5つの話を皆さんに紹介する形をとっています。

山口貯水池引出水路工事
山口貯水池引出水路工事

一つめの話では、貯水池ができる以前の村がどのような場所だったのか、発掘調査や聞き書き調査の成果を元に展示を構成しています。そして立ち退きによって故郷を離れていかねばならなくなった人々の新しい土地での苦労も紹介しています。
二つめの話では、どのように貯水池工事が行われたか、貯水池工事記録をもとに当時最先端土木技術も導入して建設された流れを紹介しています。
三つめの話では、貯水池完成後に周辺の観光地化が進み、「多摩湖」「狭山湖」が多くの人々の憩いの場であったことを紹介しています。
四つめの話では、太平洋戦争中貯水池を守るために、堰堤が決壊しないよう、耐弾層で覆い、戦時中の緊迫した状況を紹介しています。
五つめの話では、なおも水道水を供給している土木遺産「多摩湖」「狭山湖」を後世に残していくべく、私たちが今から行わなければいけないことを皆さんと考 えるコーナーです。 本展開催にあたりに際してご協力いただいた皆様には厚く御礼申し上げます

会期 平成22年7月17日 (土曜)から9月12日(日曜) 

開催時間 午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日 毎週月曜日・火曜日休館(7月19日は開館し、20日・21日は休館)

駐車場が少ないので、お車での来館はご遠慮ください。

展示図録 

湖郷展図録

「湖郷 ―狭山丘陵の湖「多摩湖」「狭山湖」をめぐる5つの話―」
判型・頁/A5判、口絵4頁、本文48頁
頒布価格/300円
郵送頒布/頒布案内を参照ください。

目次
一、多摩湖前夜―村山・山口貯水池以前の谷の様子
狭山丘陵の谷での暮らし/貯水池工事に向けての立ち退き―ダムに沈む村
二、村山・山口貯水池の工事
貯水池工事の概要/村山貯水池の工事/村山貯水池の軽便鉄道 東村山と貯水池の工事/山口貯水池の工事/山口貯水池の軽便鉄道  ○ありし日の村山ホテル
三、観光地としての「多摩湖」「狭山湖」
貯水池の観光地化/貯水池と交通網の発展/周辺史跡とオリンピック村「東村山文化園」(「西武園」)の開設/「多摩湖」「狭山湖」の命名 狭山貯水池愛護会と機関誌『狭山』/郊外遠足と貯水池
四、戦時中の貯水池
戦時中の貯水池周辺/村山・山口貯水池防衛工事
五、未来に残すもの
東京の水道と命の水/近代遺産としての貯水池

付随事業/2つの湖をめぐる「私たちの物語」づくりワークショップ

  • 企画展「湖郷」の世界を体験し、多摩湖・狭山湖の近代史と参加者の個人史を重ねながら、ストーリーテーリングや写真、演劇などの方法で「私たちの物語」を創ります。
  • このワークショップでは、ガイドやコミュニケーションの有効な方法として、社員研修やガイド研修で用いられる「インプロ」と呼ばれる即興演劇の手法を主に用います。「東村山」の歴史を体感することで、より効果的な歴史学習となります。ぜひこの機会にご参加ください。
  • 日程/平成22年8月21日 (土曜)、22日(日曜)、9月4日(土曜)、5日(日曜)【全4回】
  • 場所/東村山ふるさと歴史館視聴覚室、貯水池周辺フィールドワーク
  • 対象/中学生以上
  • 定員/20名(先着)
  • 進行役/嵯峨創平(ミュージアム・シアター・ワークショップ共同代表)
  • 内容/
    1、8月21日(土曜)午後1時30分から午後4時00分
    「湖郷展」の世界を学ぶ(展示解説と「私の物語」ワークショップ)
    2、8月22日(日曜)午後1時30分から午後4時00分
    「湖郷展」の世界を体験する(フィールドワークと写真ワークショップ)
    3、9月4日(土曜)午後1時30分から午後4時30分
    多摩湖をめぐる「私たちの物語」を創る(多摩湖の過去/現在/未来を語る)
    4、9月5日(日曜)午後1時30分から午後4時30分
    多摩湖をめぐる「私たちの物語」を発表する(多摩湖の魅力と可能性を伝える)
  • 申込み/8月4日(水曜)から8月15日(日曜)までに、電話またはFAXでふるさと歴史館までお申込み下さい。
  • 連絡先/電話:042-396-3800、FAX:042-396-7600

付随事業/「水の道をたどる」バス見学会

  • バスにて東村山浄水場や多摩湖・狭山湖をめぐり、「湖郷」の世界を見ていきます。
  • 日時/平成22年8月27日 (金曜)  9時集合・出発
  • 集合場所/ふるさと歴史館
  • 対象/市内在住・在勤のかた
  • 定員/30名(抽選)
  • 見学地/東村山浄水場・多摩湖・狭山湖・羽村山口軽便鉄道トンネル、他
  • 参加費/約1400円(資料代・保険料・昼食実費等)
  • 申込み/電子申請(市のホームページの「電子申請」からアクセス、1回2名まで)または往復はがき(1枚2名まで)に参加希望者の住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号を明記し、8月10日(必着)までにふるさと歴史館(〒189-0021諏訪町1丁目6番地3)へ
    (注記)返信宛先等必ず記入

このページに関するお問い合わせ

教育部ふるさと歴史館
〒189-0021 東村山市諏訪町1丁目6番地3
電話:直通:042-396-3800  ファックス:042-396-7600
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部ふるさと歴史館のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る