このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

パネル展 あんだって?文化財

更新日:2014年12月21日

東村山ふるさと歴史館リーフレット
住所 東村山市諏訪町1丁目6番地3、電話 042-396-3800

はっくくん
交通 東村山駅より徒歩8分

東村山ふるさと歴史館

展示案内 会期 平成23年7月24日 (日曜)から9月11日(日曜)  (注記)入場無料

東村山には、国宝正福寺地蔵堂や元弘の板碑、下宅部遺跡など昔から地域の宝として守られてきた文化財がたくさんあります。そうした文化財をいろいろな角度から見直したパネル展示会です。身近にある文化財を知ることで、東村山を再発見してみませんか。特に夏休みの自由研究テーマとしてもお勧めの展示会です。

1.年表でみる文化財
世界や日本の歴史の中で、東村山市の文化財はどのあたりにあるかを紹介します。

2.種類でみる文化財
文化財を指定された種類ごとに紹介します。

3.エリアでみる文化財
東村山市の地域ごとにどんな文化財があるかを紹介します。

4.ランキングでみる文化財
大きさや古さなどの順位で文化財を紹介します。

5.あそんでみる文化財
文化財をパズルやゲームにして楽しみながら学習します。

会期 平成23年7月24日 (日曜)から9月11日(日曜)

開催時間 午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日 毎週月曜日・火曜日休館

交通 西武鉄道東村山駅より徒歩8分

駐車場が少ないので、お車での来館はご遠慮ください。

ふるさと歴史館施設・窓口案内

東村山の文化財

展示図録「ひがしむらやまぶんかざいめぐるっく」

ひがしむらやまぶんかざいめぐるっく
ひがしむらやまぶんかざいめぐるっく

判型・頁/A5判、本文38頁
頒布価格/300円
郵送頒布/頒布案内を参照ください。

もくじ
はじめに
出発前に立ち寄ろう!東村山ふるさと歴史館・八国山たいけんの里
野口町・諏訪町エリア
多摩湖町・廻田町エリア
コラム:東村山にある増上寺の石灯篭
本町・久米川町エリア
新・四国石仏
栄町・美住町・富士見町エリア
萩山町・恩多町エリア
秋津町・青葉町エリア
東村山市内指定文化財一覧
くわしく指定文化財について知りたい方へ 主要参考文献一覧
東村山市内指定文化財マップ

見学会「郷土かるたの旅」

  • 日時/平成23年8月19日(金曜)、8月26日(金曜)  午前9時30分から正午まで
  • 内容/「郷土かるた」に描かれている指定文化財などを見てまわり、写真におさめます。
  • 定員/各回20名
  • 参加費/100円(保険料)
  • 申込みほか/8月5日(金曜)午前9時30分から直接または電話にてふるさと歴史館へ

講演会「イギリスのナショナルトラストと日本の文化財保護」

  • 日時/平成23年8月28日 (日曜)
  • 講師/勅使河原彰氏(東村山市文化財保護審議会委員)
  • 内容/イギリスのナショナルトラストの歴史と手法を学び、日本における文化財保護の現状と課題についてお話しいただきます。
  • 定員/50名(先着)
  • 参加費/200円(資料代)
  • 申込み/8月17日より直接か電話、または電子申請(市のホームページの「オンラインサービス」からアクセス、1人1回)にてふるさと歴史館まで

講演会「旧跡指定記念 東京陸軍少年通信兵学校と東村山」

  • 日時/平成23年9月3日(土曜)
  • 講師/高野宏峰(東村山ふるさと歴史館郷土資料編纂員)
  • 内容/東村山市文化財指定(旧跡)された東京陸軍少年通信兵学校と東村山の関係について話します
  • 定員/50名(先着)
  • 参加費/200円(資料代)
  • 申込み/8月17日より直接か電話、または電子申請(市のホームページの「オンラインサービス」からアクセス、1人1回)にてふるさと歴史館まで

このページに関するお問い合わせ

教育部ふるさと歴史館
〒189-0021 東村山市諏訪町1丁目6番地3
電話:直通:042-396-3800  ファックス:042-396-7600
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部ふるさと歴史館のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る