このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

収蔵品展 押絵羽子板

更新日:2011年6月1日

東村山ふるさと歴史館リーフレット
住所 東村山市諏訪町1丁目6番地3、電話 042-396-3800

はっくくん
交通 東村山駅より徒歩8分

東村山ふるさと歴史館

展示案内 会期 平成23年4月29日 (祝日)から7月10日(日曜)  (注記)入場無料

押絵羽子板藤娘
押絵羽子板・藤娘

東村山市にある川島人形展「はなびや」寄贈の押絵羽子板製作関連資料を初公開します。
埼玉県春日部市や所沢市を中心とする押絵羽子板職人の系列にあたり、三代にわたるコレクションが寄贈されました。今回、押絵羽子板の下絵から完成品までを展示します。
付随事業として「展示解説会」と「押絵づくり」を下記のとおり実施します。是非、合わせてご参加ください。

会期 平成23年4月29日 (祝日)から7月10日(日曜)

開催時間 午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日 毎週月曜日・火曜日休館(5月3日は祝日開館し、5月6日は振替休館)

交通 西武鉄道「東村山駅」西口より徒歩8分、またはグリーンバス諏訪町循環に乗り「ふるさと歴史館」停留所下車

駐車可能台数が少ないので、公共交通機関をご利用ください

ふるさと歴史館施設・窓口案内

展示図録 「収蔵品展 押絵羽子板」

押絵羽子板図録

  • 判型・頁/A4判、本文46頁
  • 頒布価格/600円
  • 郵送頒布/頒布案内を参照ください。

目次
口絵(押絵の表裏、羽子板の表裏)
はじめに
押絵羽子板と川島人形店「はなびや」
川島人形店「はなびや」寄贈押絵羽子板製作関連資料
口絵(川島人形店「はなびや」寄贈完成品)
参考文献、展示協力者

展示説明会

  • 担当学芸員が、一部資料を手元に出しながら展示説明をします
  • 日時/平成23年5月4日(祝日)、5月29日(日曜)、6月12日(日曜)、6月25日 (土曜)  
  • 時間/各回、午後1時30分から30分程度
  • 申込み/不要、当日特別展示室へお越しください

体験事業「押絵づくり」

体験事業でつくる花菖蒲柄の押絵
体験事業でつくる花菖蒲柄の押絵

  • 花菖蒲柄の押絵をつくります
  • 日時/平成23年5月14日 (土曜) 午後1時から3時
  • 場所/ふるさと歴史館視聴覚室
  • 対象/市内在住・在勤のかた
  • 定員/20名(抽選)
  • 参加費/1000円
  • 申込み/電子申請(市のホームページの「電子申請」からアクセス、1人1回)または往復はがき(1人1枚)に参加希望者の住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号を明記し、4月29日(必着)までにふるさと歴史館(〒189-0021諏訪町1丁目6番地3)へ

(注記)返信宛先等必ず記入

関連事業 説経節『曽我兄弟・勧進帳』

押絵羽子板の図柄に取り上げられている『曽我兄弟』と『勧進帳』を、三代目若松若太夫による「説経節」で味わいます。

  • 日時/平成23年7月3日(日曜)午後1時開場・一時半開演
  • 場所/ふるさと歴史館視聴覚室
  • 定員/80名(先着)
  • 入場料/200円(資料代)
  • 申込み/6月4日9時30分から電子申請(1人1回)または電話でふるさと歴史館へ

伝統芸能公演説経節

八国山たいけんの里関連事業 「羽子板づくり」

羽子板に絵を描いて、世界で一つだけのオリジナルの羽子板をつくります。

  • 日時/平成23年6月11日、午前10時から随時(先着15名)、午後1時30分から随時(先着15名)
  • 場所/八国山たいけんの里
  • 定員/午前・午後ともに各々先着15名
  • 参加費/100円
  • 申込み/当日に八国山たいけんの里にて受付、午前・午後ともに材料がなくなり次第受付終了

八国山たいけんの里

このページに関するお問い合わせ

教育部ふるさと歴史館
〒189-0021 東村山市諏訪町1丁目6番地3
電話:直通:042-396-3800  ファックス:042-396-7600
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部ふるさと歴史館のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る