このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 施設・窓口案内
  • 市政情報
  • 東村山の楽しみ方

サイトメニューここまで

本文ここから

企画展「民俗芸能としての双盤念仏」

更新日:2013年2月25日

東村山ふるさと歴史館リーフレット
住所 東村山市諏訪町1丁目6番地3、電話 042-396-3800

はっくくん
交通 東村山駅より徒歩8分

東村山ふるさと歴史館

展示案内 会期 平成24年10月6日 (土曜)から12月16日(日曜)  入場無料

狭山丘陵周辺では若者・青年が結集した「講」や「連中」が主体で、双盤という大きな鉦をたたきながら、節を付けた念仏を唱える「双盤念仏」の行事が盛んでした。念仏の節回しも唄のように流麗で、鉦と太鼓との掛け合い、またところにより耳をつんざくような音量は、聞く者を圧倒するほどの迫力があります。
東村山でもかつては盛んに行われていたこの芸能を、残された道具類や記録類、また現在も継承されているところの事例等の紹介により、「東村山関連の双盤念仏」というものがどういったものだったのか、明らかにしていきます。

会期 平成24年10月6日 (土曜)から12月16日(日曜)

開催時間 午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日 毎週月曜日・火曜日休館(祝日の場合は開館し次の平日を休館)、10月8日は開館し、10月10日、11日、12日は休館

交通 西武鉄道東村山駅より徒歩8分

駐車場は小さいのでなるべく公共交通機関をご利用ください。

ふるさと歴史館施設・窓口案内

講演会「関東の双盤念仏」

  • 日時/平成24年11月25日(日曜)
  • 講師/坂本要氏(筑波学院大学教授)
  • 内容/ 関東地方に見られる双盤念仏について講演します。
  • 定員/ 80名(先着)
  • 参加費/200円(資料代)
  • 申込み/11月7日(水曜)から電子申請または電話でふるさと歴史館へ

展示説明会

  • 平成24年10月27日 (土曜)午後2時から
  • 平成24年11月4日 (日曜)午後2から
  • 平成24年11月18日(日曜)午後2時から
  • 参加費/無料
  • 申込み/参加自由

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページに関するお問い合わせ

教育部ふるさと歴史館
〒189-0021 東村山市諏訪町1丁目6番地3
電話:直通:042-396-3800  ファックス:042-396-7600
この担当課にメールを送る(新規ウィンドウを開きます)
教育部ふるさと歴史館のページへ

本文ここまで


以下フッターです。
東村山市役所 〒189-8501 東京都東村山市本町1丁目2番地3 電話:042-393-5111(代表)

市役所への交通アクセス 窓口開設時間

Copyright © Higashimurayama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る